(弥生壱拾壱日) 胸座  

本社からネット取引のキャラバン部隊が来る。親父が元親会社の役員?現在某銀行の役員のジュニアの息は荒い。ちょっとした諍いで俺のネクタイを掴む。何だこいつは、バカじゃねえか。自分が全てを知っているかのように過信するジュニア。まるで社長補佐のような発言。こんな奴がいるから10年以上も配当がない会社になったんだよ。

会社という組織が何故部とか課がある?いちいち社長が一人一人から報告されても仕方がない。うまく階層性を工夫することは、すべての人間が会議やメモ取りに忙殺されずにすむのだ。ネット取引を全員が100%把握する必要があるか。専門家とよくわかる奴を配置すれば、とりあえずことは足りる。ターゲットはネット証券の顧客ではないといいながら、性能をネット証券と対比してどうなるのか。小学校の授業のような時間を二時間半あまりして何のメリットがあるだろうか。こんなものは上手い広告をうてばヒット数は稼げる。2月にリニューアルしておきながら、サイト上では未だ新着情報としているのだから、いかに売行きが悪いか明らかだろう。開発部隊の自己満足だけが歩いている。何のためのネット取引か。アメリカのネット証券の最近の動きを見て、それが日本でも通じると考える発想の貧困さ。米系金融機関の日本でのリテール取引の困難さを勉強していないのか、こいつは。
0




AutoPage最新お知らせ