(皐月廿九日) 再検査  

土曜日にレントゲンを取った腎臓結石だが、今日は点滴で造影剤を流しながら詳細な撮影をすることになった。朝食抜きということですこし辛い時間をすごし、中津の病院に着いたのは11時。約1時間ほどかかって撮影は終了。診察室で写真を見ると、一つの石というわけではなく3つくらいの小さな石が固まっているようで、大きさは9ミリ。先生は腎臓の中心部にあるので大きくならない薬を出しましょうかというが、なくなるわけでもないので衝撃波による破砕が望ましいという。一泊二日の入院で済みますからというので、早速入院の手続をとってこの22日に入院することにした。幸い医療保険があるのでこの日程でも保険はおりる筈である。

愚妻に入院予定を報告し、今回は特段の問題もないのでさっさと済ませたいものだ。しかし、先生が言うには破砕の仕方が悪いともう一日延長もあり得るとの事。まあ、大丈夫でしょう。体の悪い部分は早く直さないと大変なことになるのは、例のヘルニアで身に染みているし。
0




AutoPage最新お知らせ