(水無月壱拾五日) 人間の年齢  

司馬遼太郎が考えたことシリーズも第6巻を読み終えた。そのなかで、人間の年齢についてのハンガリー民話とされる話がある。

昔むかし、神様は人間に25年の寿命しか与えなかった。馬には100年与え、犬にも猿にも100年与えた。ところが馬が神様に抗議して、「どうも人間のために100年も働かれてはたまらない、人間に25年をくれてやりたいがどうでしょう」といったので神様はこれを許した。すると犬も「100年も吠え続けるのはやりきれないので25年を人間にやりたい」といい、猿も「100年も人間に見られるのはとても退屈でたまらないから25年を人間にやりたい」と神様に申し出た。神様はこれを許し人間の寿命は100年となった。しかし、この民話では人間であるのは25年だけで、26歳から50歳までは馬である。馬齢である。そういわれれば人間、この期間は馬の如く働いている。51歳から75歳までは犬齢である。保守的情念が強くなり、若いもののすることが諸事気に入らずに吠えつづけている。日本の政治家が典型的だろうか。さて、そうなると76歳から100歳までが猿なのである。ところがハンガリーには猿がいないらしい。とするとこの民話はハンガリーではないのではないかということになる。ハンガリー民話では人間に対して見られるだけというのは、いわゆる恍惚の人ということなのかもしれない。

いかにもよく出来た民話だが、猿の部分でちょっと辻褄が合わなくなる。となると少しアジア的なところ、中国あたりの話かも知れない。
0




AutoPage最新お知らせ