(水無月廿壱日) 夜中の苦しみ  

夜中に激しい腹痛に襲われたのは、腎臓結石の手術で割れた石が動き出したのかと思った。とても我慢できる状態ではなかったので、思わず携帯から119番。とりあえず結石のことしか頭に無かったので、そのことを伝えると、どうも尿管結石ではないみたいで、とりあえず熱を冷やして胃腸薬を飲んで朝まで眠れない夜を過ごした。

朝も体がフラフラで電車の中でも立っているのが精一杯だった。ところが会社に来て一緒に飲んでいた同僚も食中りで遅れると云われる。えぇ、じゃあ昨日の焼き鳥やさんかぁ。結構いい肉を使っている店なんだけど、なま焼きだったのかもしれないなあ。送れてきたN君と顔を見合わせて、ちょっとあの店にはいけないなあと頷くのだった。ほんと死にそうな腹痛だった。
0




AutoPage最新お知らせ