(水無月廿九日) 高校野球  

夏の高校野球が週末から甲子園球場で始まる。夕方梅田を通りかかると地下道に体格のいい高校生がうようよ。そういえば今日は組み合わせの抽選日だった。全国の厳しい予選を勝ち抜いてきた49代表校の熱い戦いが始まろうとしている。しかし、日本国中一番酷暑といってもいいこの時期の阪神地区でおこなわれる夏の甲子園は世界から見れば、ちょっとクレイジーな現象と見られるのではないか。

この大会で選手生命を棒にふった若者も多く、夢舞台と見る側は騒ぐが、もう少し冷静な目も必要だ。いつもは正義感をふりまく朝日新聞だが、主催者としては戦時中を思い出すかのようなこの大会をどうみているのだろうか。読売巨人軍の例を見るまでも無く、メディアがスポーツを支配する弊害はあまりにも醜いものだ。スポーツはビジネスとばかり、利用しようとするのはいかがなものか。公共財としてのスポーツを身内の販促に使う時代はもう終わりにしたほうがいい。

そもそも今の高校野球はプロ予備軍といっても過言でないスポーツ校と一般のクラブ活動としての高校野球の差が著しい。したがって白ける試合が多くなっているのも事実だ。87回にもなるのだから、そろそろ小泉首相ではないが、改革すべき時が来ているのではないだろうか。

0

(水無月廿八日) その後の石  

今日は午前中に結石の状態を見るために中津の病院へ向かう。最近痛みは引いてきたが、それでも時々さすような痛みがあって爆弾を抱えているようで気分も晴れない日が続いている。泌尿科の窓口に行くと早速レントゲン撮影へ。なかなか上手く取れなくてやり直すこと2回、なんとか石の状態がわかる写真がとれて、担当医と一緒に見る。手術翌日になんとか二つに割れていた石は、大きく3つに分かれて、二つが尿道付近、一個が腎臓中心部ということになっていた。普通尿道に石が降りてくると尿管結石ということで強烈な痛みが生じ、膀胱に石が入ると痛みが取れるというのが普通なのですが、先生いわく人それぞれで痛みは違うという。私の場合はちょっとマシということかな。しかし、はやく外に出てくれないと困るんだよなあ。利尿剤を含め、石を外に出すべく水太り状態が続くのですが、その分この夏の暑さで汗も多くなる。結構夏は大変なんですわ。
0

(水無月廿七日) ビンテージジーンズ  

最近若者がはいているジーンズはほとんどがビンテージ加工ものだ。しかし、穴あきジーンズをパンストの上にはくバカな女を見たときは仰天ものだった。個性化の時代ということで、メーカーに踊らされている面が多いように思うが、それがビジネスモデルとして成り立っているわけだから、何も文句はいえないだろう。そもそもジーンズ市場なんて完全飽和状態なのだから、売り手としては何か消費者に訴えないとジリ貧になるのは目に見えている。

仕事上輸入物のビンテージジーンズを取り扱っている会社を知っているが、とんでもない利益率でビックリした。リーバイスの業績が好調なのも頷けるところだ。しかし、最近は脱色して地の色の茶色が目立つジーンズが多く、あまり見ていてきれいなものではない。やはり、ちょっと青みが残った白っぽい洗いざらしのものが一番いいの。ファッションなんて自分がよければいいのではなく、やはり人が見るものだからもうちょっと格好よく着こなしてほしいものである。

ところで、ジーンズの語源って知っていますか。イタリアの港町ジェノバのフランス語読みっていうことを。
0




AutoPage最新お知らせ