(水無月廿八日) その後の石  

今日は午前中に結石の状態を見るために中津の病院へ向かう。最近痛みは引いてきたが、それでも時々さすような痛みがあって爆弾を抱えているようで気分も晴れない日が続いている。泌尿科の窓口に行くと早速レントゲン撮影へ。なかなか上手く取れなくてやり直すこと2回、なんとか石の状態がわかる写真がとれて、担当医と一緒に見る。手術翌日になんとか二つに割れていた石は、大きく3つに分かれて、二つが尿道付近、一個が腎臓中心部ということになっていた。普通尿道に石が降りてくると尿管結石ということで強烈な痛みが生じ、膀胱に石が入ると痛みが取れるというのが普通なのですが、先生いわく人それぞれで痛みは違うという。私の場合はちょっとマシということかな。しかし、はやく外に出てくれないと困るんだよなあ。利尿剤を含め、石を外に出すべく水太り状態が続くのですが、その分この夏の暑さで汗も多くなる。結構夏は大変なんですわ。
0




AutoPage最新お知らせ