(文月廿日) 地蔵盆  

関東の人間にとって、関西に来て驚く夏の行事がこの地蔵盆だろう。地蔵盆は旧暦の7月24日なのだが、今は月遅れ盆と同じく新暦8月24日に行われている。もともと京都が地蔵信仰の発祥地のようで、子供の守り仏として古くから信仰されており、平安時代以降には阿弥陀仏信仰と結びついて、全国に広がっていたようだが、地蔵盆として盛大にお祭りするのは主に関西地方である。

なぜ関東に定着しなかったのは、お地蔵様が作られるようになったのが江戸時代と比較的歴史が新しいことと、江戸ではお稲荷さん信仰が盛んだったということも影響しているようだ。

地蔵盆の主役は子供たちである。各町内のお地蔵様の前に屋台を組んでお供え物をして、お菓子を食べながら楽しく過ごす。場所によっては提灯を吊って盆踊りをおこなうところもある。

こうして地蔵盆が終わると、夏休みも残り1週間ぐらいになる。子供たちもそろそろ宿題の仕上げにかかる時期でもある。そして五月蝿かったセミの声もいつの間にか聞こえなくなり、時には虫の音が聞こえてくる。自然は残暑を残しながらも確実に秋の気配を忍ばせつつある。

ただ、最近は少子化でお地蔵様の前には年寄りしかいないという地区もあるようで、将来この行事もどうなるかわからないというのも残念なことである。おりしも日本の人口が予測より早く今年から減少するかもしれないという記事が新聞を賑わしている。地蔵盆と少子化。関西の伝統行事はどうなるのだろうか。


1




AutoPage最新お知らせ