(文月廿九日) 対日戦勝記念日  

60年前東京湾の戦艦ミズーリ号の船上で、連合軍と日本との降伏文書に署名がなされた。名実ともにここに第二次世界大戦は終わった。この降伏文書の署名でハプニングがあった。カナダ代表が署名欄を間違えたため、最後のニュージーランド代表の書名欄がなくなったのだ。同代表は仕方なく空いている部分に署名せざるを得なかった。これをみた日本代表は、「これでは枢密院の承認が取れない。マッカーサー将軍に訂正を求める。」としたが、連合軍代表はすでに祝杯のためにその場に戻ることが出来ず、代わって米軍参謀がいちいち訂正のサインを行い、このため降伏文書の作成はかなり時間がかかってしまった。

グローバル的にはこの9月2日が対日戦勝記念日であるが、日本では8月15日の玉音放送が終戦記念日とされている。連合軍に降伏を告げ、昭和天皇が読み上げた詔書の日付は14日にもかかわらずだ。この月遅れ盆という日本人の感性に訴えやすい時期に終戦記念日を設定し、戦争責任をぼかしてしまったことは否めない。かといって8月15日を完全に無視しろといっているのではない。お盆という時期に戦没者を追悼するというのは自然な行為であり、国内に対してはそれでいいのだろうが、対外的にはこの9月2日に改めて戦争責任について日本政府としての立場を明らかにすることも必要ではないだろうか。国内向け、対外向けに言い分けることに対しての懸念はあるだろうが、そもそも戦争とは加害者、被害者の区別をはっきりさせることは不可能である。唯一国際法からいえば、非戦闘員殺戮という広島・長崎への原爆投下が批判されるべきである。
0




AutoPage最新お知らせ