(葉月弐日) 台風接近  

大型の台風14号が近づいている。その巨大な台風の目がなんとも不気味である。あの「カトリーナ」をしのぐ雲の渦が日本列島に襲いかかっている。なんとか被害が最小限にとどまってほしいものだ。しかし、台風の予想進路は九州に上陸して、中国地方をかすめて、日本海へというコースが有力である。このコース、愚妻と娘、そして次男が住む江田島にとっては最悪のコースである。ここ数年、台風の被害で何かと注目される宮島の厳島神社。この宮島と目と鼻の先のかの地も南に湾が開口しており、昨年も相当な被害を受けている。

気になって電話をすると、既に次男の高校は明日の休校が決定したとの事。この高校も昨年は一階部分が冠水し、PCなどがすべて駄目になったという苦い経験があるので、今日から台風対策をおこなっているようだ。しかし、今回の台風の速度の遅さにはいらいらするばかりだ。このままこのスピードだと、丸一日暴風圏内に閉じ込められることになる。

しかし、自然災害だけに人間の力ではどうしようもない。ひたすら台風の過ぎ去るのを待つしかない。実家の四国もコメの収穫時期が近付いているだけに心配である。本当に被害がないことだけを祈るばかりだ。
0




AutoPage最新お知らせ