(神無月壱拾七日) 強度偽造マンション  

とんでもないことが起こったものだ。メディアで連日報道されているので、今住んでいるマンションは大丈夫なのかと思った人も多いだろう。今年完成した物件がまさか耐震基準を満たしていないということになれば、何を信じればいいのかわからない。阪神大震災のときにも杜撰な工事が露呈したケースもあるが、被害が起こってからは遅すぎるのはいうまでもない。

仕事柄これは困ったことになったなと思ったのはREITのことである。特にレジデンス系のREITにとっては、今までも人気薄だったのだが、この事件でますます投資家心理が冷えることが予想される。信頼できる建築事務所というものが一般的に知られていない以上、物件が多く含まれているこれらのREITは下請けの建築事務所までは公表していないだろう。投資法人のIR関係者は頭を抱えているだろうが、公募価格を割っている場合が多いだけに、投資家に早急に説明する必要があるのではないか。
0




AutoPage最新お知らせ