(神無月廿九日) あと一月  

早いもので明日はもう12月。ますます慌しくなる。来月22日までのプロジェクトが迫っているので、明日もはやから客回りである。しかし、世間ではいろいろなことがあった日でもある。広島、矢野町の小一女子の殺害事件の容疑者が逮捕されたり、嬉しい話題は琴欧州の大関昇進なんかもあった。相変わらず強度偽造問題は全国に広がって、ビジネスホテルの休業が相次いでいる。ほとんどが木村建設の案件だが、こうも多いとやはりと疑ってします。実は今月10日頃日経新聞に大きな広告を木村建設が出していたのを覚えている人はいるだろうか。工期が1/2というのは?と思っていたが、一週間後には嘘がばれるというのも不思議なものである。しかし、悪質リフォーム業者が指摘されたのはつい最近だが、また耐震診断詐欺みたいなものが現れるような気がするのは私だけだろうか。

それはそうと、広島の事件で外国人犯罪がクローズアップされるだろうが、中南米の労働者が海田地区に多いのはマツダの下請け企業が多いせいでもある。3Kといわれるきつい仕事はなかなか日本の若者は従事しないし、広島の名産、牡蠣も冷たいなかで殻を開ける「打ち子」の仕事もフィリピンの女性がいなければ成り立たない産業なのである。地方の高齢化を外国人労働者がカバーしている実態がこの事件で明らかになるのではないか。
0




AutoPage最新お知らせ