(霜月八日) 誤発注  

昨日のみずほ証券による誤発注事件は予想以上に波紋を広げており、訪問する先々で質問の嵐だった。しかし、メディアの報道の仕方が悪いのか、「1円」で買えて、それが「77万円」になったと勘違いしている人が多いのには参った。報道では61万株を「1円」でというところが強調されたされたせいだろうが、もうも簡単に誤解されているとは思わなかった。まあ、あまり株が身近でない人はそのように理解するのかなあ。

後始末が大変なのは云うまでもないが、発行済株数の10倍近い株数をうっているのだから、株券の受け渡しは不可能。したがって、ここは頭を下げてカネで解決せざるをえない。クリアリング機構が決済価格を決めることになるのだろう。しかし、ミスを起こした証券会社が悪いのはいうまでもないが、東証が被害面しているのは腹が立つ。存在する以上の株数の一括注文は、誰がどう見てもありえないのに、発行済株数を上回る注文を受け付けてしまうという欠陥を放置していたという責任を全く感じていないようだ。そもそも今のPC作業で頻繁に出てくるウォーニングサインをいちいち全て完璧にチェックしてクリックしている人がいるだろうか。つい先日システムダウンを起こした会社だけに、システム処理に関して常に危機感を持っていたわけではないということだろう。
0




AutoPage最新お知らせ