(師走四日) Uターンラッシュ  

明日から仕事ということで、新幹線で帰ることにする。娘に「新幹線に乗ろうか」というと「ずっとここ」と繰り返される。よっぽど西宮の生活が嫌だったのか、島での生活がいいのかわからないが、ストレスがたまらないのだけはいうまでもない。まあ、愚妻が「私は介護が仕事なの」と愚痴をこぼすのには閉口しますが。。。

10時40分発の高速船は広島市内へ向かう人で結構混みあっている。正月休みを市内で過ごそうという人も多いだろうし、相変わらず老舗の福屋デパートは今日から初売だろうから買い物に出かける人も多いようだ。しかし、テレビでも報じているようだが、いつから正月がデパートのバーゲンセールのスタートになったのだろうか。あの福袋なる訳のわからないものを目指して突進する女性達をみると、吐き気をもよおしてしまう。所詮は商売商売なのに、それにストレートに乗っかかるのもどうだかなあ。昔は安物買いの銭失いといった言葉があったのに、すでに死語になっているようだ。身につけもしない服やアクセサリーを買っても意味ないのになあ。

毎時0分に広島発の「のぞみ」があるのでどうせ席には着けないだろうが、デッキの混雑も多少は緩和されると思い、12時の「のぞみ」に乗り込んだ。7号車のデッキにいれば自動販売機で飲み物もあるしトイレも近く、1時間半ぐらいであれば立っていることもそれほど苦痛ではない。文庫本を読んでいたらあっという間に新大阪だ。在来線で西ノ宮に向かい、家に帰ったのは2時だった。意外に早く帰ってきた親父に対して、愚息は怪訝な顔をしていたが、義妹のお年玉を渡すと顔が緩む。本当に現金な奴だ。

遅い昼食を食べながら、ライスボールや高校サッカーを見ていたが、力の差をまざまざと見せられた社会人と学生の戦いに比べて、高校生の試合というのは紙一重で優勢とみられたチームがことごとく敗退していったのは、諦めないという気持ちだけではないような気がした。

しかし、のんびりした休みも今日で終わり。明日からは嫌な顔を見ることになるなあ。
0




AutoPage最新お知らせ