(師走壱拾八日) 11年目の1・17  

ライブドアでもヒュ−ザーでも宮崎勤でもなく、私の1.17は5時46分の黙祷で始まった。あの日から11年となり小学校4年だった長男は就職活動をする大学3回生となり、娘も今年二十歳を迎える。幼稚園だった次男は親父に似たような体型になって今年は高校三年生になる、月日の流れるのはあまりにも早いが、あの朝の出来事だけは時間もしっかり記憶している。

真っ暗闇の中をマンションの階段を子供を抱えて降りていった。車のエンジンをかけラジオをつけると全国ニュースでは京都の震度を伝えていた。そんなものじゃないだろうというのが実感だった。近所の家もことごとく傾いて、皆不安な顔ばかりだった。そのときガスの匂いがして、思わず車のエンジンを切った。崩れ落ちた家の脇でガス管から異臭が漂ってきた。それからはこれからどうしようか、食べるものは、と何から手をつければいいのかと愚妻と顔を見合わせていた。遠くでは黒い煙が立ち込めていて火事もおこっているようだった。

8時過ぎに電気が通じたのでTVをつけて何がおこっているのか段々と分かってきた。TV報道が頼りの日々が続くが、報道の怖さを知ったのもこの地震からである。東京にいて神戸の街から立ち込める煙をみて、「温泉のようです」といったTBSの筑紫哲也の言葉が東京にいるキャスターの本音のような気がした。マスコミ嫌いの始まりだった。
0




AutoPage最新お知らせ