(如月八日 上弦) ホテルのランチ  

お客さんが難波に来られて、たまにはということで近くのスイスホテル南海大阪の6Fの「カフェ スイス」へ。このホテルも元々南海電鉄が自主運営していたが、有利子負債削減のため外資系に売却というお決まりのコースになったものである。12時半を廻ってランチバイキングがメインのこのレストランに入ると、顔であるKさんは他の人が満席ですと言われているのに、さっさと席に案内される。流石!ここはバイキングなどちゃらちゃらしないで、単品料理にコーヒーというメニューで歓談が進む。しかし、仕事の話をしながら周りを覗うと、女性ばかりに目を見張ることに。聞いてはいたが、最近のホテルは女性客でもっているのを実感する。お父さんはワンコインのランチで済ませているのに、3000円のバイキングを黙々と食しているおばちゃんを見ると、世間のお父さんの嘆きが聞こえるようだ。

そんな時にあやしげな電話が携帯にかかってくる。どうも愚息が何かクレジットで購入したらしく、その確認の電話らしい。ここから先は親父と愚息の携帯電話バトル。あほな息子を持ったことに親としての躾不足を痛感する。こんな日はいろいろとクレームの電話があったりして、久しぶりの暗い一日だ。
0




AutoPage最新お知らせ