(如月壱拾四日) 誤審  

仕事中なのでLIVEというわけにはいかなかったが、日刊スポーツのWeb上でちらちらと見ていたが、8回表満塁で岩村という場面で日本に1点が入る。岩村の犠牲フライのようだった。しかし、いつの間にかその1点が取り消され、3対3の同点のまま9回に進む。またまた満塁のチャンスを逃すとその裏アメリカにサヨナラを許してしまった。なんとも勝てた試合だったのにと思って、自宅に帰って映像を見ると、「なんじゃわれ〜!」

完全なミスジャッジじゃんか。それも判定を覆した主審はアメリカ人。何でワールドカップで自国の審判が主審をしとるんじゃ。こんなんじゃサッカーファンに野球は所詮ローカルさとなめられるぜ。審判もゲームの構成員という気概がなく宦官そのものだし、所詮はアメリカのままごと遊びじゃないのか。朝鮮日報は痛烈にアメリカを批判しているが、日本の新聞もたまにはしゃきっとせいよなあ。国と国の代表が戦っているのだろうが。

こうなったら、メキシコ、韓国に勝って再びアメリカと対決して、今度こそ決着をつけたれや。審判がマイナーリーグじゃしゃれにならんぜ。気分悪ウ。
0




AutoPage最新お知らせ