(弥生九日) 入院四日目  

今日はレントゲンで術後経過をみる。昨日小片が6個ぐらい出たので、二個ある石のうち先頭の一個は完全に出たと思うのだが、写真をみないとこればかりは分からない。

10時に呼び出しがあって写真をとって主治医のもとへ。手術前の写真と見比べながら確認すると、膀胱手前に石が一つだけになっている。これだと自然に出るかもしれないので明日の午前中まで様子を見ましょうとのこと。それならばということで水分を多めにとって、階段を行ったり来たり。でもあまり変化がないなあ。私の場合、腎臓のときもそうだったが、尿管が太いためだろうか、石が動くことでの激痛というのはあまりなかったので、期待していたのだが、明日衝撃波を受けないとダメみたいだなあ。

今日の読書は岩波新書、池田潔の「自由と規律」であり。しかし、この本、発刊以来90刷というのもすごい。あと一冊は、日本電産社長、永守重信氏の「情熱・熱意・執念の経営」(PHP研究所)。世界が選んだ30人のCEOに日本人として唯一選ばれた永守氏の独壇場ともいうべき本である。この社長についていくのはキツイだろうなあ。
0




AutoPage最新お知らせ