(弥生廿六日) スポーツの凄さ  

今日も野球にテニス、サッカー、ラグビーといろいろなスポーツがおこなわれたが、一番ミラクルだったのは、女子ゴルフのフジサンケイレディスの最終ラウンド18番ホールの大山志保のバーディパット。これが入ればプレーオフだが、まさか入るとはねえ。17番でバーディーをとった飯島が最終ホールでボギーにしたのがこの逆転の伏線だった。プレーオフも相性の悪い18番でびびった飯島の自滅で大山の大逆転勝利。

解説の戸張も途中で大山は無理と云っていたが、それも当たり前で、15番ぐらいから大山はふらふら状態だったが、16、17とパーパットを入れたのが奇跡の勝利につながった。人気の面では宮里や横峰に負けているが、国内で不動に肉薄できるのは大山ぐらいだろう。今度マッチプレーになったときに不動に勝てば大いに自信になるだろうし、ますます女子ゴルフが面白くなりそうである。

反対に男子ゴルフは杉原輝雄が注目されるぐらいだから、若手でちょっと生きのいい奴がでないとスポンサーがますます減ってしまうよ。
0




AutoPage最新お知らせ