(文月七日 七夕) また偽装  

今日の朝日新聞の一面は経済新聞たる日経がスクープすべきではなかったか。いかにも政治色の強い天皇の靖国参拝問題よりも、日本の製造業の根幹ともいえる問題を見逃していた罪は大きい。

偽装請負とは、契約上は業務請負だが、実態が人材派遣に該当するものである。派遣は注文先企業が派遣労働者に仕事上の命令を出すが、請負事業では請負とは「いついつまでに、これこれの仕事をやってください」という形で仕事を受け、注文主と労働者との間に指揮命令関係を生じない。

「偽装請負」という仕組みは、メーカー側が労働者を直接、指揮命令できるという点で好都合だった。「品質を保つには指示も必要で、工場の生産ラインの大半は偽装請負にならざるを得ない」とメーカー関係者はいう。請負の活用は、電機業界の採用を機に爆発的に増えた。自動車などよりも海外との競争が激しい上、製品の寿命も短い。ころころ変わる現場の仕事に順応しやすい請負労働者が大量に必要になった。とくに、細くてよく動く指をもつ若い女性や、重いモノの運搬に耐えられる若い男性をメーカーは欲しがった。 その要求通り、請負会社は、東北、九州など求人の少ない地方から大量の若者を集めた。地方から都会に出る出稼ぎと違い、彼らの多くは地方から地方へと送り込まれた。そこに最新鋭工場がつくられたからだ。

請負契約であれば、それを締結した個人は業者ということになり、労働者ではなくなり、労働基準法の適用を受けず、労働時間に関する規制などの対象とはならない。偽装請負をすれば、解雇も簡単に出来、休憩を与える義務もない。残業代等は出ないし、休日に出勤手当もない。通勤費用も出ない。有給休暇もない。保険は国民健康保険に加入。保険料は全額本人負担。

国内にも中国並みの苛酷な労働条件で働いている若者がいる。これで「製造業の国内回帰」と堂々と云っている日経の本音がみえる。
0

(文月六日) 梅雨明け  

朝から夏の陽射しがキツイ。TVではようやく中国地方から関東までの梅雨明けを宣言している。それにしても長い梅雨だった。各地では湿舌による集中豪雨による被害があったが、今日のような天気になれば、また水の事故で幼い命など十数名が失われている。水の神様は怖いものだ。

今年の陰暦は文月がうるう月になっている。今年初めにこれに気がついたときは、残暑が厳しいのかなと思っていたが、水無月が水有月になってしまった。ということは一ヶ月季節がずれてきたということかな。

今日は夏空のもと、愚息の買い物に付き合う。今は車がないのでお互いチャリでえっちらほっちら夙川方面へ。たまにはこういう運動もいいかも。
0

(文月五日) 地デジ  

最近アナログ放送が廃止され、地上波もデジタル化されますとTV各局が五月蝿い。そうした動きに刺激されたわけではないが、先日契約しているCATVから地デジへの切り替え工事を無料サービスしますという案内があったので、工事を申し込んでいたが、工事の日程の都合で本日と相成ったわけだ。

昼前に工事のおじさんがやってきて30分ぐらいで終わって、操作の説明を受ける。チャンネルはほぼ倍ぐらいになっていろいろな番組が見られることは、TVオタクの私には魅力だ。例のデータ放送も野球選手のデータなど豊富で、当分はまってしまいそうである。

そうしたなかで、広島創生期の小さな大投手、長谷川良平氏が亡くなったとのニュースを知った。RCCから流れてくる渋い声のナイター解説を思い出す。合掌。
0

(文月四日) 宝寿司  

神戸三宮の阪急三宮駅西口から50mほどいったところに「宝寿司」というお店がある。前は西口の出口のそばにも店があったのだが、今はこの店だけらしい。二階に上がるとカウンターとテーブルが6〜7席ほどある。今日は6時半頃行ったのだが、すでにカウンターは満席で待っている方もいる。女性や家族連れが多く、それなりにリーズナブルということである。実は先日昼に神戸に来たのでランチを食べに来たのだが、1000円で充分堪能させてくれたので、今日は知人を誘って来たという訳だ。

しかし、ここの大将はお客さんの扱い方が実に上手い。先日の昼のときも帰り際に「昼からも暑いですが頑張ってくださいよ」との一言があった。きめ細かい対応が嬉しい上に、ネタもいいとなればこの上ない。特に勧められたキンキは脂がのってバカうま。ええ店でっせ。最後にSさん、今回もご馳走様でした。いいアイデア考えときますよ。
0

(文月参日) コーチング  

小学校の体育で跳び箱があるが、これをなかなか飛べない子がいる。しかし、これをものの10分ぐらいで簡単に習得できる技があるといえば、飛べない子は驚くかもしれない。でもよほどの超弩級の肥満児でないかぎり可能なのである。これは「向山式跳び箱指導法」といって腕を支点とする体重の移動を補助することによって、あっという間に飛べてしまうのである。

物事の解決にはPCの扱い方ではないが、シュートカットが存在する。解決するアイデアを最初から築くことはなかなか大変なことである。幾多のアイデアの存在を知っていることは無駄な苦労を省くことができる。シュートカットの後に本格的に上手くというか上達すればいいのである。

しかし、世の中にはレッスンプロという職業が成り立っている。これは生徒が自分に依存しながらゆっくり上達しなければならないということが鉄則である。そうでないと商売にならない。要はショートカットされたら困るので、教え方を秘儀にしなければならないのだ。
0

(文月弐日) インサイダー  

五銘柄でインサイダー取引を行なったとして日経社員が逮捕された。普通インサイダーといえば1社の話しか出ないのに、5社もあるということは日経が法定広告をほぼ独占しているからである。インサイダー情報を守る責任は日本のどこの会社よりもあるということだ。

今回の事件では個人の犯罪ということで(これも最初の情報よりも多くなるだろうが)日経は会社として立件されなかったが、今回の情報管理の甘さというかお粗末さは、報道機関として他社のコンプライアンスを指摘する資格はないということに等しい。

そして司直との関係からか社員をすぐに懲戒解雇にしなくて、事件発覚後5ヶ月も自宅待機という社員身分を保持したという世間から見て余りの理不尽さはないだろう。以前社長の醜態を暴露した社員を即刻回顧した会社は、トップの保守しか考えていないということである。早く経済新聞の看板を下ろすべきである。
0

(文月壱日 朔) 天神祭  

日本三大祭というと、東京の神田祭、京都の祇園祭、そして大阪の天神祭ということになっている。しかし、東京の人間にとって大阪の天神祭はあまり聞いたことがないように思える。たしかにこの日天神橋周辺は大混雑になり、花火の時間ともなれば、身動きできなくなるほどである。でもその花火も帝国ホテル大阪やその周辺の高層ビルで隠れてしまい、いまいち迫力がないのも事実である。大阪人は当たり前と思っているこのお祭りも実はローカルなもので、テレビ大阪が中継するのもそのあたりかな。

しかし、このお祭りは結構奥深く、陸渡御、船渡御と伝統の行事が多いのだが、神田祭の粋や祇園祭の荘厳などがあまり感じられないのは、大通りを練り歩くことがあまりなく、水上のお祭りというイメージで一般観光客とのふれあいが少ないためでないだろうか。でもこのお祭りが終わると大阪には本格的に夏が来るのは確かである。株式相場にも天神底という言葉があるが、これは分からないかな。
0




AutoPage最新お知らせ