(水無月壱拾壱日) 阿呆なマスコミ  

ミサイル発射実験を報じるメディアのなかで平壌からLIVEの映像が流れていたのでアレ?と思ったら、北朝鮮が朝鮮総連を介して、日本人拉致被害者の横田めぐみさんの生存疑惑と関連し、日本のメディア各社を平壌に招待していた。招請した報道機関は朝日新聞、読売新聞、NHK、共同通信、TBS、日本テレビの6社で、これらのメディアは4日から8日まで平壌を訪問する予定らしい。

しかし、ミサイル実験が間近というなかで、もし不測の事態なればこれらのマスコミ陣は人質となる可能性だってあるはずである。それを自制しないメディアのアホさ加減と、渡航禁止規制を勧告しない政府の能天気さは何なんだ。だから、北朝鮮になめられるということではないか。

このミサイル実験に対して、ちゃんと対応しないと国際的にも国としてなさないというレッテルを貼られ、世界の投資家が逃げられる恐れさえあるのではないか。
0




AutoPage最新お知らせ