(閏文月壱拾四日) 慶事  

秋篠宮妃が男子をご出産というニュースが朝早く流れた。実のところ国民皆がほっとしたのではないか。昨年から今年初めに皇室典範の改正問題が世間を賑わしたときに、皇室側から示された今回の御懐妊によって騒ぎを収めたことは伝統の力といってもいいだろう。皇室の立場から三笠宮寛仁親王が月刊誌で発言されたことに対して、朝日新聞は戦前でいえば不敬罪でアウトとなる社説を掲載したが、余りに伝統を無視する風潮はいかがなものかと思う。

でもこの機会に子供を産もうとする女性が多くなることは将来の日本が明るいなることだし、本当にめでたしめでたしである。

ただ、株式市場ではそれまでのロイヤルベビー期待で盛り上がった関連銘柄は利食いで急落。期待で買って結果で売るという投機の世界で、慶事でも商売にする舌高さを見せ付けている。
0




AutoPage最新お知らせ