(葉月九日 上弦) nameless poison  

by Miyuki Minabe, Gentosha

2003年に発表された「somebody」(誰か)の続編である。地方新聞に連載されていたが、このほど刊行され作家の人気もあって、はや増刷されているようだ。主人公、杉村三郎は大財閥会長の娘婿。グループ会社の社内報を編集している男である。彼の困った部下の対処から、やがて連続無差別毒殺事件の家族と知り合うことで、より大きなトラブルに巻き込まれていく。元々人のいい杉村だが、今回は深刻な表情をすることが多くなっている。実際前作では久しぶりの宮部の現代ミステリーという割には、とてもソフトなタッチで多方面の著作に忙しくて、腕が鈍ってきたのではないかと心配していた。今回も読み始めは続編かという思いもあり関心も低かったが、次第に引き込まれていった。

身近な人の悪意や中傷で悩まされている人は多い。陰口やいじめは学校や職場で日常茶飯と化している。気に食わない相手や立場の弱い者への有形無形の暴力は後を絶たない。一方で、他人の幸福を妬む人間も多く、しばしばその嫉妬心が思わぬ形となって現れることもある。

Nameless poison すなわち「名もなき毒」はこうした世の中の様々な毒を描き出していく。最近、清潔というかきれい好きが嵩じて、様々な問題が表面化している。マンションの土地の土壌汚染やハウスダストなどがその典型かもしれない。家に汚染はないと思っても、人が住まう限り、そこには毒が入り込む。なぜなら我々人間が毒なのだから。

ところで、今日は愚息の大学の保護者会があった。全体会議が終わって個人懇談の時間になり、それぞれ学生の担当教官と面談することになっていたのだが、いつまでたっても私の前には教官が現れない。時間もなかったので事情を職員に聞いたが要領を得ない。アンケートのその旨の不満を書き綴って別の職員に渡したが、「私は担当ではないので・・・」という声に私の身体の毒が充満してきた。ひと言云ってから大学を後にしたが、そうか、これが毒なんだと妙に納得した。
0




AutoPage最新お知らせ