(葉月壱拾参日) 歓送迎会  

10月に入って会社の一部の組織変更があったが、それに伴って人事異動があり、当支店からも二年目の女性が神戸に、総務の男性が本社へ行くことになった。最近中途で入ってきた男性と派遣社員の女性の歓迎会も兼ねて送別会を近くのレストランで。

貸切といっても小さなホールだし、ささやかなパーティである。乾杯の後は食事になったが、洋食屋ということもあり、ちょっと油ものが多く、すぐお腹が一杯になって、こちとらはアルコールが進む進む。宴もたけなわのところで各自送る言葉。新入社員というか半年も経てば慣れているが、すぐ上の先輩の異動ということで感極まり涙涙の送別会となった。純情といってしまえばお終いだが、若いという感性はいいものである。

総務の男性は東京両国の出身だそうで、これも里帰りみたいなものだし、ただ、奥さんも働いているのでその措置が大変かと思われたが、人事も気をきかして首都圏への異動を後日発令するらしい。

関西の夜は前線のせいか雨模様となり、去るものの涙を隠すようで、歪な人事構成で2年目で異動を余儀なくさせられるのも可哀相だ。
0




AutoPage最新お知らせ