(長月四日) 海の名残  

人体:H O C N Ca P S Na K CI
海水:H O CI Na Mg S Ca K C N
地殻:O Si AL Na Ca Fe Mg K Ti P

これは人体、海水、地殻を構成する元素を原子数の多い順に並べたものである。生命は海水中で誕生し、それが多様に進化して現在の生物につながっている。つまり、人体と海水に含まれる元素が類似していることに気がつくだろう。3億年以上も前に陸に上がってきた脊椎動物の末裔である私たち人間にこうした海の名残があるのは驚くばかりだ。

これは講談社から出版されているブルーバックスの「新しい高校地学の教科書」のコラムで見つけたものである。なるほどそうだったのかと知的快感を味わうこと請け合いである。

昨日今日と高校の世界史を履修していなくて、卒業できるかどうかわからないという、今まで暗黙の了解とされていたことが白日の下に曝されていることがニュースになっているが、高校レベルの専門教科ってかなりレベルが高いことに驚く。受験のために特定の教科にしわ寄せが来るのは仕方がないことだ。公立だけに負担を強いるのはどうかなと思う。今はどうだか知らないが、「開成」の音楽なんて校歌しかやらないという話を聞いたことがあるぐらいだ。
0




AutoPage最新お知らせ