(師走廿七日) レジ  

最近少々仕事が遅い。前向きの仕事であればいいのだが、なかなかそうはいかないのが現実だ。そんなわけで今日も阪神西宮駅に着いたのが8時半過ぎ。この時間であれば、阪神百貨店西宮店の「古市庵」という店が全品半額になるので、少し買って帰って缶ビールでいっぱいやるか。さすがに半額タイムを知っている関西のおばちゃんが、あれとこれとか結構わいわいがやがやと五月蝿い。その間を暴力団風のおっさんが手巻きとアナゴ巻きを取ってレジに向かう。合わせて500円強なのだが、あいにく細かいのがないので5千円札を出す。ここでとんでもない出来事が起こる。

はい、おつりです。まず3000円です、あと細かいのが・・・。え?俺が買ったのは1000円以上したかいなと商品を見ると、例の二つだけだ。あのう5000円出したけどね。ですからこのお釣りです。完全にこのレジのおばちゃんに1000円を盗まれたようだ。キレる。「もうええわ、カネ返せよ。」そこで初めてわかったみたい。でも何の謝りもしない。何じゃこの店は!

海外に行ってお釣りでいらいらしたことがあるが、それは計算が遅いだけだったと記憶していて、はじめからネコババする奴はいなかったけどなあ。しかし、自分でたたいたキーを信用しておかしいと思わない神経がようわからん。どこか狂ってきたかいな。
0




AutoPage最新お知らせ