(睦月四日) 人間ドック  

月曜日に帝国ホテル大阪にあるクリニックで人間ドック。久しぶりにバリウムを飲んで胃の検査など3時間あまりの検査を受ける。通常は胃透視検査では胃の動きを抑えるための注射をするのだが、血圧の下の値が110あまりと結構高いので止めておきますといわれて、血糖値や肝機能などが気になる。

遅いランチを食べた後、内診の先生と検査のデータを見ながら面談。最初に言われたのが眼球の毛細血管の異常。ちょっと悪玉コレステロールが全身に分布されているようで、血管の動きが一般の方とかなり違う。糖尿がひどくなると目に来るというが、それがこの前兆だろうか。先生は紹介状を書きますので、とりあえず専門医へいってくださいとのこと。ちょっとショック。さらに血糖値や中性脂肪の値もかなりひどい。例のダイエットの前よりも悪い数字がいくらである。こりゃ何時倒れても不思議ではないですよとの一言。

さらに今回オプションで内臓脂肪のCT検査を受けるが、これも予想通りで写真のほとんどが皮下脂肪と内臓脂肪でこれだけ面積のある人は珍しいですよと真顔で心配。そして脂肪肝になんと腎臓結石もある。それも4ミリ。昨年の衝撃波手術のときにまた出来ているから、痛くなったらまた入院しろといわれたが、10ヶ月ではや4ミリというのは予想以上。ストレスも多かったし、酒量も多いし食べすぎというのが如実に現れている。

こりゃ大変です。食事だけではもはや時間がないかもしれません、ショックだ。
0




AutoPage最新お知らせ