(睦月壱拾九日) くたばれ!社会保険庁  

愚息が学生なので国民年金の支払い猶予を申請したのが16年6月。4月からは3年目に入るので、この3月までに収めないと4月から収める保険料が上がりますよと通告してきたのが1月末だったかな。返信用の封筒もない相変わらずの役所仕事に腹を立てながら、先日問い合わせたのだが、要領を得ないので今日仕事の合間に保険事務所を訪れる。わかったことはいい加減な役所であることだけだった。

まず最初に郵便物をなくしたので送られてきたものを再度見せて欲しい。答え・・・何も送っていません。はあ?なめとんのか。思わず語気が荒くなる。窓口のおばはんは必死になって抗弁するが、もう一度調べろと厳命。これこれの書類を送っていました。というが誤りの言葉は全くなし。おまえ、ええかげんにせえよ。

それで詳しく説明しろというと、つまり、3月末までに平成16年度つまり10ヶ月分を支払わないと、4月からの支払いが割高になりますとの一点張り。ちょっと待ってくれよ。通知したのがおよそ2月上旬だから3月までは2ヶ月、その間に当方は10ヶ月、4月生まれは12ヶ月分を支払いますかということだ。おいおい、そんな期限の迫った話は、たとえば来年4月から、支払う年金金額が割高になるので、今年の4月から来年の三月までに支払っておきませんかというのが当たり前ではないか。全く役所仕事の典型で、相手つまり支払者のことなど何も考えていない。

書類を送ってきたのに送っていないと強弁し、猶予の支払は理不尽な方法を求めるなど、この役所はいらない!それでもって豪華な施設と大勢の役人が税金を食い物にしている。早くなくせよ、こんな役所!
0




AutoPage最新お知らせ