(如月壱拾弐日) 期末  

金融機関にとって期末ほど慌しい時期はない。とはいえ、証券会社は期初のスタートダッシュを目指すので、その準備も忙しい。今回の上司はそのスタートダッシュ重視らしいから、月曜日はどうしようかなと頭を悩ます俺がいた。

その最終日は本社報告でデータと朝からにらめっこである。老眼の目にはきつい細かい数字を追っていくと疲れる疲れる。これを間違うと支店の評価ポイントで減点をくらうので、何度も繰り返して確認作業である。何とか作業も終わり送信をして本日の仕事は終わりである。恒例の打ち上げは昨日前もって行ったので社員は三々五々帰っていく。管理職なので最後まで残るはずだったが、ひとり営業に出てなかなか帰ってこないので、先に失礼する。さあ、帰って野球でも見るか。
0




AutoPage最新お知らせ