(弥生四日 穀雨) 梅田北新地  

4時から大阪で会議。3時間の長丁場だが、内容はどうだかねえ。話を聞くほうの状況が千差万別なのに、それをひとくくりで会議にかけるのだから、役に立たない話が多くなる。異動があれば全てを把握する必要があるとはいえ、要求されているのは今期の収益である。この矛盾は結局本部の自己満足にしか過ぎない。

3時間のあまり意味のない会議が終われば、日本の会社では当たり前の懇親会。まあ、軽くいっぱいであれば別に問題はないが、結局は知り合い同士の愚痴のこぼし合いである。衆人環視のなかでは会社の具体的な話など出来るわけがない。この辺の脇の甘さがどうにかならんかなあ。同じフロアの馴染みのドイツビールの店でのんびり飲みたかったのが本音である。

時間も中途半端だったので、知人を呼んで軽く飲み直しということで電話をかけるが、いずこも週末はお忙しいみたいだ。北新地の夜はむなしく過ぎていく。
0




AutoPage最新お知らせ