(弥生廿七 母の日) 不動心  スポーツ

1年数ヶ月ぶりにあと一歩で勝利を掴みかけたときに、ふいに勝利の女神にそっぽを向かれた不動の心中はどうだったのだろうか。悔しさで一杯のはずなのに、おくびに出さずにインタビューに答える彼女が痛々しい。一昨年まで女王伝説といわれるまでに不動の地位を築いたのに、勝てなくなるとこうも脆くなるものだろうか。復活するというのは勝ち続けること以上に困難なものらしい。

それに比べると全の勝負強さは何か。15番からの勝利に対する執念というのは、3週連続を狙う緊張感などさらさらなく、やはり追うものの強さが目立った。あの終盤でチップインイーグルを取るのだから、あれで不動の心が「不動心」でなくなったのだろう。

最近の女子ゴルフは若手選手の台頭で、注目度も高くスポンサー探しにも困らない。なにせ、男子は今週日本プロ選手権なのに、沖縄でおこなわれたので宮里の兄貴が注目されるだけで、存在感が全くない。いまだ中島や尾崎がどうこうしないと注目されないというのも困ったものである。
0




AutoPage最新お知らせ