(長月七日) 花と爆弾  読書

小林信彦著 文春文庫

週刊文春に連載されている小林信彦の人気エッセイ「本音を申せば」だが、このタイトルは2004年からで、それまでは「人生は五十一から」だった。これは1998年からの連載でクロニクル的に単行本化され、さらに文庫版として刊行されている。この「花と爆弾」は2003年分をまとめたもので、題名の花は花火であり、爆弾は2003年のイラク侵攻のことである。まだ4年前なのに、もうはるか昔にさえ思えるあの爆撃を我々は米軍に従軍した記者のレポートで知るしかなかった。そこには米軍兵士の影で防弾着に守られた偽りの従軍記者が居ただけだった。

小林はブッシュや小泉に対しての激しい嫌悪感をお持ちなのはよく知られている。改革の小泉として名を残したように世間は言うけれど、結果はどうだっただろうか。凡人小渕は借金をしまくって収入の少ない若者でさえ、マンションが買えるように税制を無茶苦茶にしたが、それは東京に無秩序な高い建物を建てただけだった。そこには何の理念もなかった。しかし、当時の国民はなぜか小渕を支持し、また時代が変わって小泉を支持した。何も考えない思考力を失った国民を操ることは権謀術数を重ねてきた政治屋にはいとも簡単だったことだろう。

「自分の直感に映った光景を信じることが一番です」といったのは、吉本隆明だ。小林も何時もこの言葉を繰り返している。そういう意味では、最近ALLWAYS2など清貧を称える映画が再び上映されるが、昭和30年代がそんなに貧しい時代だったとは昭和31年生まれの私でさえ、そうは思わないのが直感である。ノスタルジーに浸るのもいい加減したほうがいいのじゃないかな。
0

(長月六日) 処分  スポーツ

先日のタイトルマッチで不様な試合をした亀田親子に処分が下った。大毅は一年間のライセンス停止。親父はセコンドライセンスの無期限停止。まあ、順当なところに思えるが、早くマスコミの前に出てきて、きちんとした態度を示さないと、朝青龍ではないが、ただの拗ねた野郎たちになってしまう。

まあ、柄の悪さはすぐには直らないだろうが、あの親子はそろそろ親離れ子離れの時期に来ているということである。それにしてもこいつらを助長したのがTBSであることは言うまでもない。ボクサーの既成概念を破壊してきたこの家族をバックアップというか目の付け所は良かったのだろうが、ただのチンピラを自らがハンドリングできなかったという負い目のみが残ってしまった。スポーツの世界で日本のマスコミの突出振りは相変わらず世界の笑いものである。

ボクシングで相手に怪我をさせても傷害罪にはならないし、たとえ死亡させたとしても殺人罪には問われることはない。それはあのリングが神聖なところであることの証明でもある。それをふざけた野郎に汚されたということなのだ。マスコミもあいつらが弁明に出てくれば殺到するだろうが、もうほっとけばいい。朝青龍にいまや誰も関心がない世間と一緒なのだから。時間が過ぎれば風は変わるはずである。
0

(長月五日) 決断  スポーツ

昨年ファンの熱い願いを受け取ったカープ黒田がとうとうMLBを目指すようだ。32歳という年齢を考えれば一年でも早くMLBで力を試したいという気持ちのようだ。確かに広島ファンの熱い気持ちは理解できるだろうが、プロである以上優勝争いに全く関係ないシーズンを過ごすというのはモチベーション的には辛いものがある。緊張感ただようクライマックスシリーズを見れば、黒田の気持ちが痛いほど分かる。自分もあのマウンドに立ちたいと。

ただ、どうだろうか。岩村のように弱小チームで一年を過ごすというのは年齢的に無理だろうし、優勝争いをするチームにといっても、松井稼のコロラドのように下馬評の低いチームが勢いでWシリーズへということもある。ただ、広島相手に投げるよりはMLBで、というのが彼の気持ちかもしれない。ファンも昨年あれだけ熱くなったのに、今年の黒田の最終登板の市民球場は7000人ぐらいしか入っていなかった。

前田の2000安打や佐々岡の引退などを除けば、やはりスタンドは寂しいばかりだ。決して広島在住のファンを批判するわけではないが、もう少し球団も考えないと、新井までもが広島を去ろうとするだろう。
0

(長月四日) 踊る大捜査線2  社会

週末懐かしい映画を見た。織田裕二の「踊る大捜査線2」である。2003年の作品だからもう4年か。いかりや長介のように故人になった人もいるし、いろいろな事情で確かその3はないようだ。しかし、なかなか邦画がヒットしなかった時期に160億円以上の興行収入を上げたのだから大したものである。

しかし、新鮮だった前作に比べればイマイチというところか。といっても映画批評は今や極めて難しい位置にある。というか、1970年以降だろう。実際見たことがないのだからあまり当てにならないが、1950年代映画は乱発され、駄作なんてのは当たり前にあった。そもそも毎週湧き出るように映画が出来上がってくる。黒澤明も溝口健二も、成瀬巳喜男も時としてコテンパンに叩かれた。叩かれなかったのが、今井正や木下恵介の社会派というかヒューマニズムだけで、小津安二郎の晩年は叩かれるよりも無視されていた。その小津作品が海外で評価されると、慌てて日本でも上映されるというように日本人は海外での評価に弱いのは今に始まった話ではないのだ。

あえていうならば、踊る大捜査線2は前作が犯罪は誘拐ということに焦点を当てていたのだが、今回は複数の犯罪者がいきなり登場というように、まるで空気を読めないで登場してくるのだ。ナイナイの岡村の吸血鬼もどきなどその提携である。あれでは登場する必然性は全くない。それに余りにキャリアとノンキャリアの対立を先鋭化させると、作品がくどくなるという感を強くした。といってもたかが映画、気楽に見ればいいのだろうにねえと自虐的になる。
0

(長月参日) クライマックス  スポーツ

関西地区ではLIVEがあったのだが、関東では地上波ではプロ野球のCSの中日Vs阪神はなかったようだ。しかし、圧倒的なドラコンズファンに圧倒され、内弁慶な阪神はあわや完全試合かと思われる貧打で完敗。東京の阪神ファンは不様な試合を見られなくて良かったのかもしれない。

昼のパリーグのCS第二ステージの札幌ドームもファイターズファンで大入りだったし、この企画は10月に野球ファンが楽しめるときが増えた。野球人気を視聴率で測るというTVメディアの傲慢さはさておき、LIVEで野球を楽しめる機会が多くなったのは健全ではないだろうか。やはり東京や大阪周辺ばかりにフランチャイズがあったときが異様だったのである。
0

(長月弐日) 国民の期待  スポーツ

昨日は知人と一献していたので、あのバカたれ亀田のボクシングを見られなかったが、今日のスポーツ新聞を見れば、亀田側の酷さは前代未聞だったようだ。反則の嵐であれではチャンピオンが怒るのも無理はない。しかし、弱小の宮田ジムでは主導権が取れないので、こんなことになったわけだ。

でもいじめられっ子だったチャンピオン内藤を罵倒する親父も兄貴も下品やなあ。あの辰吉でさえ薬師寺の対戦前でビックマウスだったのに、試合が終われば抱き合ってお互いの健闘を称えていた。大毅も12ラウンドまで持つあのスタミナがあるのだから、あのちゃらんぽらんな親父のコーチから離れて、いいコーチの元で技を磨けば、18歳なのだからちょっとしたボクサーになれるのではないか。

しかし内藤のファイトマネーの使い方を聞いたら、涙が出そうになった。亀田の一時間ものプロモーションにスポンサーとして金を出した企業のうちで、この苦労人チャンプをCMに使う奇特なところはないですかね。
0

(長月壱日 朔) 微罪の実名報道  社会

本日の各新聞夕刊には次のような記事がある。
『警視庁麻布署は十一日、痴漢をしたとして東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、共同通信社××××××部記者××××容疑者(40)=東京都品川区戸越=を逮捕した。容疑を認めているという。調べでは、××容疑者は十一日午前五時すぎ、港区六本木三の路上で、杉並区の女性(22)と擦れ違った際に、尻を触った疑い。一緒にいた女性の知人の男性が取り押さえた。
 内城喜貴共同通信社総務局次長の話 誠に遺憾です。捜査の結果を待って厳正に対処します。』(共同通信による配信記事)

下着の上から触ったら痴漢(条例違反)、下着の中に手を入れたら強制猥褻(刑法犯)という区分があるが、記事というか警察発表ではありふれた痴漢行為だったようだし、この程度で実名報道というのは記者だからで、普通のサラリーマンであればこういう扱いは受けないだろう。そもそも釈放後この記者はどういう顔をして出社してくるのか、どのように社内処分されるのかも続報は期待できるわけがない。何よりいちばん気になったのは、《女性と一緒にいた知人男性が取り押さえた》という点である。横に連れの男性がいたのに、共同通信記者(40)は何故そんなことをしてしまったのか。明け方の出来事も考えれば、過労に基づく心因性の病気と考えるほうが自然である。

しかもこんな微罪で住所までさらす必要があるのだろうか。家族は肩身の狭い思いをしているはずだ。これが殺人ならば相手に対する被害が甚大すぎるので、家族にまで累が及ぶのはバランス上やむをえない。被害者側だけ家族が何十年にもわたって苦悩し続けるのだから、加害者側がその苦悩から逃れられるのはおかしい。しかし、微罪での「加害者住所報道」は無益なばかりか犯罪的だと思うがどうだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ