(長月弐日) 国民の期待  スポーツ

昨日は知人と一献していたので、あのバカたれ亀田のボクシングを見られなかったが、今日のスポーツ新聞を見れば、亀田側の酷さは前代未聞だったようだ。反則の嵐であれではチャンピオンが怒るのも無理はない。しかし、弱小の宮田ジムでは主導権が取れないので、こんなことになったわけだ。

でもいじめられっ子だったチャンピオン内藤を罵倒する親父も兄貴も下品やなあ。あの辰吉でさえ薬師寺の対戦前でビックマウスだったのに、試合が終われば抱き合ってお互いの健闘を称えていた。大毅も12ラウンドまで持つあのスタミナがあるのだから、あのちゃらんぽらんな親父のコーチから離れて、いいコーチの元で技を磨けば、18歳なのだからちょっとしたボクサーになれるのではないか。

しかし内藤のファイトマネーの使い方を聞いたら、涙が出そうになった。亀田の一時間ものプロモーションにスポンサーとして金を出した企業のうちで、この苦労人チャンプをCMに使う奇特なところはないですかね。
0




AutoPage最新お知らせ