(長月五日) 決断  スポーツ

昨年ファンの熱い願いを受け取ったカープ黒田がとうとうMLBを目指すようだ。32歳という年齢を考えれば一年でも早くMLBで力を試したいという気持ちのようだ。確かに広島ファンの熱い気持ちは理解できるだろうが、プロである以上優勝争いに全く関係ないシーズンを過ごすというのはモチベーション的には辛いものがある。緊張感ただようクライマックスシリーズを見れば、黒田の気持ちが痛いほど分かる。自分もあのマウンドに立ちたいと。

ただ、どうだろうか。岩村のように弱小チームで一年を過ごすというのは年齢的に無理だろうし、優勝争いをするチームにといっても、松井稼のコロラドのように下馬評の低いチームが勢いでWシリーズへということもある。ただ、広島相手に投げるよりはMLBで、というのが彼の気持ちかもしれない。ファンも昨年あれだけ熱くなったのに、今年の黒田の最終登板の市民球場は7000人ぐらいしか入っていなかった。

前田の2000安打や佐々岡の引退などを除けば、やはりスタンドは寂しいばかりだ。決して広島在住のファンを批判するわけではないが、もう少し球団も考えないと、新井までもが広島を去ろうとするだろう。
0




AutoPage最新お知らせ