(長月七日) 花と爆弾  読書

小林信彦著 文春文庫

週刊文春に連載されている小林信彦の人気エッセイ「本音を申せば」だが、このタイトルは2004年からで、それまでは「人生は五十一から」だった。これは1998年からの連載でクロニクル的に単行本化され、さらに文庫版として刊行されている。この「花と爆弾」は2003年分をまとめたもので、題名の花は花火であり、爆弾は2003年のイラク侵攻のことである。まだ4年前なのに、もうはるか昔にさえ思えるあの爆撃を我々は米軍に従軍した記者のレポートで知るしかなかった。そこには米軍兵士の影で防弾着に守られた偽りの従軍記者が居ただけだった。

小林はブッシュや小泉に対しての激しい嫌悪感をお持ちなのはよく知られている。改革の小泉として名を残したように世間は言うけれど、結果はどうだっただろうか。凡人小渕は借金をしまくって収入の少ない若者でさえ、マンションが買えるように税制を無茶苦茶にしたが、それは東京に無秩序な高い建物を建てただけだった。そこには何の理念もなかった。しかし、当時の国民はなぜか小渕を支持し、また時代が変わって小泉を支持した。何も考えない思考力を失った国民を操ることは権謀術数を重ねてきた政治屋にはいとも簡単だったことだろう。

「自分の直感に映った光景を信じることが一番です」といったのは、吉本隆明だ。小林も何時もこの言葉を繰り返している。そういう意味では、最近ALLWAYS2など清貧を称える映画が再び上映されるが、昭和30年代がそんなに貧しい時代だったとは昭和31年生まれの私でさえ、そうは思わないのが直感である。ノスタルジーに浸るのもいい加減したほうがいいのじゃないかな。
0




AutoPage最新お知らせ