(如月壱拾四日) 役所仕事  プライベート

連休の谷間であるが、平日ということで会社を休んで役所廻りである。まずは市役所へ行って転入届と次男の住所変更、さらに私の印鑑登録と普通はここで終わりなのだが、私たちの場合はこれからが大変なのである。住所変更が終わると、福祉の窓口で療育手帳の交付を申請する。この療育手帳は各県の発行になっているので、今回は広島県から兵庫県への変更となり、障害の程度の判定が問題となる。知的障害の判定というのは娘の場合10年に一回なのである。広島で受けたのが2年前で、平成28年までは有効なのだが、兵庫県がその判定を継承せず独自に判定するといったら、これがまた大変な時間がかかるのである。指定された病院で診断書を貰い、県の福祉担当が決定する。この判定の差が娘が貰っている障害者年金にも影響を与えるのである。ともかく、判定については後日連絡ということになる。そして障害者医療の申請窓口へ。しかし療育手帳が交付されていないので門前払いとなる。

次は西宮警察署へ行って免許証の住所変更である。しかし、警察窓口で直接受付せず、安全協会で手続きをおこなう今の体制は変ではないのか。二重組織で無駄ばかりが目立つ。挙句安全協会の加入費は任意というのもなんだかなあといつも思う。そうそう、証明書となる住民票は返還されるので、別に二通も公布しなくてもよかったのに無駄なカネを使ってしまった。なんとか終えたのが12時、およそ3時間の役所仕事である。疲れた。でも夜は知人との楽しい会食があってこの疲れも吹き飛んだのは幸いだった。
0




AutoPage最新お知らせ