(如月壱拾八日) ウォシュレット  プライベート

先日上新電機へ行って、二台目のウォシュレットを購入。実は先日の引越では前の住居で使っていたウォシュレットをそのままにしておいたのである。なぜなら今度の家は一階にも二階にもトイレがあるのだ。

今日午後愚妻立会いで二つのウォシュレットが鎮座した。これでようやくあの快感?が得られるわけである。多少切れ痔傾向のある私には、涙が出るほど嬉しいものである。ははは。

しかし、最近のウォシュレットは進化しており、センサーの固まりでもある。省エネといいながら涙ぐましい技術者の研究の賜物であり、本当に頭が下がります。それに先代に比べれば、3分の一ぐらいの価格でもある。日本のハイテクというか技術は大したものであると再認識した一日だった。
0




AutoPage最新お知らせ