(皐月廿日) 京都版シリコンバレー  経済

ITに詳しくない人でも聞いたことがあるだろう「はてな」という会社を。ブログサービスのあの会社である。社長は近藤淳也、32歳、京大出身で京都で立ち上げた「はてな」だが、事業拡大で東京進出を図った。しかし、そこは安住の地でなく、米シリコンバレーに進出したことは良く知られていた。ところが、一段落したと思ったら、京都に本社を戻したのである。開発チームも京都に移籍したのである。

突然市街地に現れた京都版シリコンバレーだが、業務プロセス改善ソフト開発会社の「クエステトラ」も同じビルに本社も構えているし、他にも有力ベンチャー企業が誘蛾灯に吸い寄せられているようだ。ひたすらイノベーションにこだわる京都ならではらしい。東京の満員電車ではなく、自転車通勤となれば、柔軟な発想が生まれやすいということか。

今日は雨上がりの京都で仕事をしているが、この町は実に懐の深い町だというのが良くわかる。かれらベンチャーが舞い戻ってくるのも、その居心地のよさなのだろう。

0




AutoPage最新お知らせ