(葉月壱拾日 重陽 八専始) 北朝鮮動向  政治

世界中の情報機関は昨日の北朝鮮建国60周年の記念式典を注視していたと思うが、ここまでのハッキリした兆候が見てとれるとは思わなかったのではないか。そこにあったのは金正日の不在も重要だが、と同時に、指導部の困惑と混乱である。マスコミは金正日の病状にばかり注目しているが、もっと重要なのは「パレードで行軍した部隊の正体ではないか。

今日の式典やパレードの模様を改めて振り返ると、建国60周年のパレードに金総書記は姿を見せず重病説も伝えられている。儒教独裁国家である北朝鮮にとって、還暦に当たる60年という節目はとりわけ意味がある。これまでの50周年や55周年の時ですら、テポドンを撃ったり大規模な軍事パレードを行い、いずれも金正日本人が閲兵してきたことを考えると、当然今年はそれらを上回る規模のものが予想されていた。

ところが首都・平壌の金日成広場では正規軍のパレードではなく、労農赤衛隊による閲兵式が開かれたのである。労農赤衛隊については民間兵力と書いているマスコミもあるが、これは正確な記述ではない。北朝鮮において労農赤衛隊の指揮権を持つのは労働党中央委員会の民防衛部であり、それぞれの部隊の幹部は職場や村の党委員会書記以下の党末端幹部が務めており、つまり「党官僚の軍」なのである。北朝鮮を理解する上では、どういう組織の上に乗っているかを知らなくてはならない。ひとつは党官僚であり、もうひとつは軍、そして最後が情報工作機関である。

軍も工作機関も建前上は党の支配下にあることになっているが、そこはそれ実際に武力という力を持つとどうしても下克上が起こり、金正日が「先軍政治」を称えたために、軍の下に党がぶら下がるようないびつな形が最近の北朝鮮の現状なのである。金正日が工作機関による日本人拉致を認めたというのは、何も日本人に対する誠実さを見せたわけではなく、こうした暗闘の中で、あの時には金正日が軍をとって工作機関を切り捨てる国内的な必要があったのではないかと見られているのである。

「党官僚の軍」である労農赤衛隊は本来の軍にとっては邪魔者であり、創設された1950年代には赤衛隊は重砲など軍に匹敵する装備を持っていたが、金正日がどんどん正規軍に重心を移し先軍政治を呼号するようになって、赤衛隊の兵力は削減されていった。その赤衛隊が国家の還暦という建国以来最も華やかたるべき60周年記念パレードに、正規軍を差し置いて行進したのである。序列と面子を重んじる儒教国家である北朝鮮としては「あり得ない」ことなのだ。
0

(葉月九日) 公的資金注入  経済

ファニーメイとフレディマックへの公的資金注入が決まった。というよりも「国有化」である。公社の債券は米国政府保証100%、つまり国債並みだからリスクも低いから、購入してくれということである。実際のところ、国有化しないと買えないよと中国政府あたりから、条件をつけられたのではないだろうか。ブッシュ政権はそれで折れざるをえなかったのだろう。もちろん、共和党の基本原則は市場至上主義であり、国有化などとんでもないことである。それに反する決定することに手間取ったということだろう。

何しろ、中国政府は二公社の債券の最大の保有者であり、中国がもう買わないとなれば破綻が決定してしまう恐れがあったのである。日本はアメリカにとって安全牌である。今回の決定劇の裏交渉はワシントンー北京であったということである。
0

(葉月八日 白露 上弦) 民主党代表選  政治

関西にいると、日曜の午後は「たかじんの何でも言って委員会」をよく見る。今日の番組中で、コラムニストの勝谷誠彦が「蓮舫議員を対抗馬として立てて代表選を戦う」と提言していた。蓮舫を立てれば自民党の小池に対抗というイメージもできるし、マスコミが自民党総裁選に殺到している現状を一部割かなければいけない。どうせ八百長的な代表選になるだろうが、米共和党のマケイン候補がペイレン知事を副大統領候補にしてから、支持率を急速に上げたように、こわもての小沢代表に蓮舫を副代表にすれば、これは結構おもしろいのではないだろうか。

しかし、勝谷はこれより前に今日出演していた野田佳彦にも提案したらしいが、野田は絶句したらしい。だからこのプランは実現することはないようである。民主党も古い殻からなかなか脱却できない。これでは次期総選挙では勝てるかどうか怪しいものである。しかし、勝谷もこうした民主党の中枢部に提案できるというのもかなり食い込んでいる証拠でもある。
0

(葉月七日) くいだおれの奉公  社会

関西に帰ってきて少し前の新聞を呼んでいると、

<7月に閉店した「大阪名物くいだおれ」の看板人形・くいだおれ太郎が「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」(大阪市此花区)で“奉公”することになり、3日、同園のイベントに特別参加した。太郎はエンターテイナーを目指し修行中で、今回は同園に奉公を申し込んだ。この日は、黒のとんがり帽子にマントの魔女姿。来園者に手を振りながら、愛嬌(あいきょう)を振りまいた。>

くいだおれ太郎、しつこく稼いでますなあ。しかし、この人形の裏で動く人間模様を大マスコミはなぜ書かないのだろう。そもそもは、粗放経営をしてきた一飲食店が潰れるという話であって、そこがたまたま人形を持っていたからといって阿呆メディアが騒いだからこうなったのである。あの店は潰れてからの方が稼いでいるのではないか。今回のUSJの件も<奉公>などと「言い換え」をしているが、ギャラはいくらもらっているのだろうか。

くいだおれほど不味い飲食店も珍しかった。不味いだけではなく、接客態度にも覇気がなくて典型的な有名観光地の一見客を食い物にする店だった。それではイカンとフレンチだかイタリアンだかの姉妹店を出してまもなく閉店を決めた。新規投資で勝負に出たものの、かえって母体を圧迫すると判断してここは潰した方がいいと決めたのだろう。しかし、阿呆メディアが騒ぐもので最後の最後でどえらく儲けることになったのである。

関西の高級住宅地、芦屋。そこでも六麓荘とよばれる六甲山麓に広がる住宅は、田園調布の比ではない。圧倒される威容を誇る家が並んでいるが、その一番上にあるのが実はこの「くいだおれ」の社長の家なのである。庶民の味方のような戦略だが、私生活は全く違っていて、人々を見下ろす高台にお住まいなのである。
0

(葉月六日) 備中高松  プライベート

仕事で岡山に来ている。場所は秀吉の水攻めで有名な備中高松である。しかし、9月に入ったが、西日本はまだまだ真夏の暑さである。岡山駅から吉備路を車窓から眺めながら、のんびりとローカル列車に揺られながら到着。日本の原風景の典型のようなところである。

タクシーの運転手さんに高松城の城跡を教えてもらう。なるほど、周りを山に囲まれて、ここの土手を築けば大きな湖ができてしまう。秀吉もえらいことを考えたものである。高松城主清水宗治もこの水攻めで男を上げたし、といっても城兵の助命の代わりに切腹した。ここから本能寺の変を知った秀吉が「中国大返し」を敢行するのである。歴史が動いた土地というわけだ。

久しぶりの岡山だが、JR岡山駅はすっかり変わっていて、とてもきれいになっていた。世の中不景気というが帰りの新幹線は混んでいて、ようやく空席を見つけて、しばし新大阪までの時間を転寝。ほぼ一ヶ月ぶり我が家です。のんびりしますか。
0

(葉月五日) 亡国の貧乏チンパンジー  政治

昨日自衛隊高級幹部会同への出席を福田首相は取りやめた。年一回の会同に代理も出さなかったという。国の防衛を担っている自衛隊から見れば、最高指揮官が姿を見せないのに、どうして士気が上がるのかとボヤキの声が聞こえてきそうである。ブッシュ米大統領がことあるごとに前線の基地や空母を訪問するのは、軍人はとっては大切なのは儀礼ということだ。カタチをとることが規律を正し、死地に入っていく勇気を生むのである。それが軍人のDNAである。高級幹部会同というのは、何かを話し合うということよりも、最高指揮官である首相の臨席をうけて現場の士気を鼓舞するという儀礼なのである。本当に、この男は亡国の貧乏チンパンジーである。

といっても前任の安倍元首相もあれだけタカ派を気取っていたのに、イスラエル訪問の際に、黙々と任務に励んでいるゴラン高原の自衛隊輸送部隊を無視している。日本国では戦後の左巻きのバカどもがつくってきた変な空気のせいで、首相が演習に臨席したり、地方へ行ったときに駐屯地を訪問したりすることはほとんどない。せいぜい防衛大臣だけである。最高指揮官を目の前にするという儀礼の重要性の理解できない首相など、やっぱり適任ではなかったのである。
0

(葉月四日) 認知症  社会

いわゆる認知症患者がどのくらい世間にいるかご存知だろうか。今朝の朝日新聞によると、入院患者が83000人いるというのだから、この20倍はいるだろう、つまり170万人ぐらいか。75歳以上が1200万人だから、高齢者の1割以上が認知症というわけだ。

家族がいれば自立度2の行動や意思疎通に多少困難が見られるが、誰かが注意していれば自立できるレベルは何とかなるが、これが単身生活者になると自立生活は不可能になる。しかも自費で介護代を支出できる人は少ない。

さらに自立度3、つまり行動や意思疎通が困難で自立できず介護が必要な人となると、自宅でも対応は難しくなる。したがって、妄想や暴力、徘徊などの症状が重いときは入院治療が必要となる。

ところが世間では一般的でないこと、つまり厚労省がだんまりを決め込んでいることがこの10月から開始されるのである。実は診療報酬改定では、後期高齢者特定入院基本料を導入し、脳卒中や認知症の患者のうち、重度の意識障害、人工呼吸器装者などのない患者について、診療報酬が減額されることになっているのである。

この国で年を取ることは国からの福祉の恩恵に預かれないことを意味しつつあるのだ。
0




AutoPage最新お知らせ