(葉月廿参日 下弦) 北陸  プライベート

連休の谷間であるが北陸出張である。実は7月末に行く予定だったのだが、急な会議でボツになり、本日はその埋め合わせなのである。大阪駅を6時1分発車というサンダーバードに乗るには、当然朝一の電車に乗らなければならない。4時半起きという厳しい状態では、京都駅を前にして当然二度寝となる。目を覚ましたのが鯖江の前なので結構熟睡だったようだ。しかし、これから金沢までがまだまだある。三度寝である。ははは。

北陸新幹線建設の影響だろうが、金沢駅はとても綺麗になっていてJR西日本は儲かっているのでしょうなあ。9時前とあって少々通勤時間は過ぎたのかもしれないが、それにしても人は思ったより少ない。地方の疲弊とよくいわれるが、現実にその地にいくと本当にその感を強めざるをえない。駅前のレンタカーで12時間契約。ここ金沢で2件済ませ、午後は福井へ向かうのである。これをタクシーと電車でおこなうことも当然可能だが、訪問先が散らばっているので、これが一番効率的なのである。金沢バイパス、北陸道、福井バイパスと道路のインフラは充実しており、最近は雪も少ないようで冬場も通行止めもめったにないようである。本当に雪は少なくなりましたと行く先々で異口同音に言われる。そのせいか、昔より米が美味しくなくなったともいう。特に福井県はコシヒカリの地元だけに残念至極という声も多かった。

ようやく4時過ぎに全ての日程を終え、大阪行きのサンダーバードに乗る。しかし下校時の高校生の集団とすれ違ったが、駅のホームに地べた座りでジュースと菓子パンをもぐもぐというのだけはやめて欲しいなあ。特に女子高生は。本当に都会の悪い点だけはすぐ伝染するようだ。まわりはおばあちゃんも多く、本当に男性が少ないのが気になった。

まあ、140キロ程度のドライブなので疲れもあまりないが、土地勘のないところでのナビは助かる。これがなければ今日はいつ仕事が終わったかどうかわからない。当たり前の機械が動かなくなったときの不安をふと感じるときでもある。
0




AutoPage最新お知らせ