(弥生廿壱日 宵月) 経済予測  経済

久しぶりに本屋に立ち寄る。いつもはアマゾンで必要な本ばかり探しているが、現実に自分の目で見るというのはネットの世界とは随分違うものである。やはりたまにはこうして現実の世界の本屋に行かないとわからないことも多い。しかし、世の中100年に一度の不況とかで、平積みにはグローバル資本主義の崩壊とかセンセーショナルな題目が目立つ。いつも思うが私の思慮のなさは置いておいて、経済学者の予測ほどあてにならないものはないというのが世間の常識とも言える。ついちょっと前まで小泉流の改革を万能扱いしていた学者が180度意見を変えても、世間はそんなにショックではないようだ。本人は清水の舞台から飛び降りるような覚悟で書いたのだろうが、世間は一部のオタクを除いて余り関心はないようだ。

言い換えれば、現代の経済学は素人が理解するには難しすぎるということではないか。しかし人々は矛盾するようだが不信感を持ちながらも、TVや雑誌の経済学者の頻度の高い登場を見ればこの学問に頼っているようにも見える。誰が首相になっても経済学者をブレーンに置くこと自体、政治も頼りにしているのだろう。

そもそも一般の人が経済学者に不信感を抱くきっかけは、為替の動向などに関する学者の意見に従っていると損ばかりしたということも多いだろう。しかし、学者の言うことなど信用してはいけませんと、実際に金を張って勝負している専門家の自分達為替ディーラーの言い分を鵜呑みにして損をする場合もある。さらには学者やディーラーの言うことより確実な情報があります、などと怪しげな証券マンに捉まってしまう場合さえあるのだ。

そもそも経済学者というのは揃いも揃って、弁舌爽やかな方が多い。強力な根拠を挙げ、よどみなく理路整然と説明されれば、それ以外考えられないという催眠に入ってしまうことさえしばしばある。しかし例えば、「円高だから株価が下がった」という説明するかと思えば、「円高だから株価が上がった」とも説明するケースなどざらであり、円高がどうなるかは「米国の雇用統計次第だ」と言うかと思えば、「雇用統計は既に織り込み済みだ」と言われれば、素人は右往左往するばかりだ。

奇妙なのはこの専門家の予想が外れても、誰一人損害賠償を求めないことである。もし医学や物理学、工学の専門家が予測を外せば責任を取られるだろうが、経済学者で訴訟を起こされた話は聞いたことがない。予測は経済学の主要な仕事ではないかもしれないが、普通、理論の正しさは予測が当たるかどうかによって決められものである。でも信用を失ったという学者をあまり聞かないのだから、経済学者というのは案外気が楽かもしれない存在なのかもしれない。
1

(弥生廿日 更待月) 平日の神戸  プライベート

今日は久しぶりの神戸散策。大丸神戸店に用があったので愚妻と車で来たのだが、途中171号線が混んでいて、4時の娘の迎えに間に合うか気になりバタバタ状態。もう地震の爪跡など微塵も感じない街角の風景で、大丸の正面玄関近くのベランダではおばちゃんのサークルが出来ていた。

私が神戸で仕事をしたのは、1993年のわずか1月あまりだったから、もう16年も前のことである。京町にあるビルはそのままだったが、周りのビルはほとんど変わっていて、テナントに覚えのない店ばかり。博物館や居留地にはそれらしい佇まいも感じられるが、全てが変わってしまったというのが久しぶりの印象である。

その当時は私も30代半ば、今とはまるで違う境遇であった。しかしバブル崩壊から阪神大震災、そして日本の金融危機、ここ神戸でも旧兵庫相互銀行が破綻し、地域経済に大きな影響を与えた。しかし時間と言うのはある意味無常なものであり、現実の姿を見れば過去の憧憬など吹き飛ばしてしまい、新しい息吹に染めてしまっている。

確かに神戸は以前よりもきれいになったように思えるが、どこかハイカラというか神戸独特の情緒はなくなってしまったようだ。どこにでもある日本の都市のひとつといったほうがいいかも知れない。

ところで過去ばかり振り返るのはいかがなものかという例を一つ。よく桜の花が昔に比べて白くなったと年配の人は感じているケースが多い。確かに自分もそういえばという方だが、よく考えてみれば視力というか目の働きは確実に衰えているし、緑内障や白内障など目の病気に悩んでいる年配の方は非常に多い。時代が変わって桜の色が急に変わることもないのであれば、人それぞれの時間の経過が自然を見る目に影響していることもありそうだ。
0

(弥生壱拾九日 寝待月) ボール犬ミッキー  スポーツ

今日の広島マツダスタジアムの球団旗は半旗になっていた。これは2005年4月10日、日本球界初のベースボールドッグとして公式戦デビューしたミッキーの死を悼んだものである。広島戦というとなかなか全国中継がないが、対ジャイアンツもしくはNHKの中継などで、目にした方も多いのではないだろうか。

ミッキーは1997年4月10日生まれのオスのゴールデン・レトリバーで、デビュー当時は既に8歳。訓練犬を引退していたが、球団の観客サービスということで初のボール犬として登場し、2007年シーズン終了まで活躍した。しかし、大勢の観衆の中であの動作をすることは普通の犬ではなかなか難しく後継はいない。背番号111(ワンワンワン)のその姿は幻冬舎からフォトストーリーとして出版もされている。本には「届けたボールが繋ぐ、未来への夢。2005年4月に広島市民球場でデビューしたベースボール犬ミッキー。一躍人気者になったミッキーと、その活躍をテレビで眺める広島東洋カープ2軍投手との心の交流を描くフォトストーリー」とある。

そのなかで「ミッキー、君はとてもいい仕事をしている。アンパイアにボールの入った籠を渡す君を見て、元気になったり、幸せな気分になる人はたくさんいるはずだ。」と書かれている。これはこの2軍投手が父親から言われた「仕事というのは他人を幸せにするためにするんだ。」という言葉をミッキーに贈ったものである。

人が幸せになる仕事をするほど気持ちのいいものはないだろう。しかし、そんな気持ちを壊してしまう今日の大竹といい、8回9回の拙攻はどうにかならんもんかのう。
1

2009/4/13(弥生壱拾八日 居待月) 証券情報室  プライベート

日本証券業協会のなかに証券教育広報センターという組織がある。証券投資の広報活動をしているわけだが、東京・大阪・名古屋に証券情報室を設けている。証券情報に関する資料の宝庫で何かと便利なところである。今はネットでほとんどが調べられるので若い人は少なく、紙情報になれた年配の人が多い。

ただ、実際のところ無料で新聞雑誌、その他の資料が閲覧できるので時間つぶしには好都合なのである。特に午後3時以降は歩合外務員と思われる人が本を持ち込んで読書の時間としているのもよく見かける。大阪の場合は取引所の近くのビルの一階にあり、もともと岩井証券が入っていた場所だったのだが、岩井がネットに集中し明け渡したので、場所が移転したようである。

今日は昼と夜に用事があったのだが、その間が全くのフリー。喫茶店で過ごすのも時間が余るので、今日はこの証券情報室でお勉強。え?何か勉強かって。それは秘密です。ははは。まあ、結果だけは報告します。受かった場合のみですが。。。
0

(弥生壱拾七日 立待月) 京阪ミシュラン  ぐるめ

レストランの格付け本「ミシュランガイド」の京都・大阪版が10月に出版すると発表された。「掲載してほしくない」との反応を見せる店もあるが、大阪市内で記者会見したガイド総責任者のジャンリュック・ナレ氏は「読者に推薦すると決めた店は載せる」と強気だった。しかし、会見で大阪のことを「オザカ」と言っていたような奴らにランクされるのもなあ。

しかし、これまでメディアに出たことで潰れる店がいかに多いかというのも事実である。本来いい店は常連さんに支えられており、どうでもいい、ただの腹を満たすのならば、値段も安く、たいがいメニューも推測できるチェーン店に行けばいいのである。だから、そういう「個人店」を紹介するとどうなるか。テレビに出たということだけで不思議な価値観を持つ連中が、携帯電話のカメラを振りかざして訪れて、常連さんは入れなくなるというのが実情だろう。「テレビに出た場所にいる」ということで妙な名誉欲を満足した連中が去ると、あとには常連さんが離れた崩壊した店だけが残るのである。

やはり、いい店はいい常連とセットなのだ。しかしメディアの暴力はその両者を切り離してしまい、あとには茫々たる廃墟だけが残るのである。そもそも欧米の3つ星の店の常連などというものは、平均的日本人の何十倍の所得を得ていて、執事や秘書に予約をさせるような連中である。一方で、ミシュランに載ったからといってわざわざ来るような人たちは、地球の裏側からも来るのであって、一生に一回のことだ。つまり歴然とした格差社会があるからこそミシュランは成立するのである。日本では、誰もがすぐにその足でどの店にも行くことができる。この国でメディアが店を紹介することの怖さはそこにある。

掲載の「拒否権」は日本文化における「自然権」として認められるべきではないか。ナレ氏は「欧米にはない日本独特の反応だ。掲載すれば、必ず客は増える。『一見さんお断り』の店は載せておらず、電話帳に載っている店を紹介できない理由はない」と意に介さない。「隠れ家」という概念がないのでしょうね。

ただ東京版を見ると、店の写真が掲載されており、それも隠し撮りではなく、きちんと三脚を立ててというアングルから見ると、店の許可がないとありえない。勝手に掲載されたというのは疑問ですよ。

0

(弥生壱拾六日 十六夜月) REITの再生  金融

民事再生手続き中の不動産投信であるニューシティ・レジデンス投資法人は4月7日、米ローンスターおよびグループ会社のKFキャピタルをスポンサーに選定し、東京地方裁判所に再生計画案を提出した。再生計画の認可決定から5年以内の再上場をめざすと日経は報じていた。それによると、再生計画案の骨子は(1)第三者割当増資によって投資口を新たに発行、(2)投資口の公開買い付け(TOB)によって既存投資主に投資口売却の機会を提供、(3)再生に向けて資産運用会社を変更、(4)再生債権などは5年ですべて弁済―以上四つである。

政府によるJREIT支援策の案は出ていたが、実際に政策としてはまだ実施されていないなかで、今回のニューシティ・レジデンス投資法人のスポンサーが決まったことはグッドニュースである。ただ国内勢、特に既にREITのスポンサーとなっている大和ハウスが有力とも云われていたが、落札できなかったようだ。

今回の新スポンサーの交代については、買収価格が1,200億円というのもポイントである。この金額であれば債権者の棄損はない(借入金:673.4億円、投資法人債:310億円)。民事再生で100%の回収となるというのは極めて稀であり、REITの採算性にも注目されてもいいのではないか。また、投資口保有者に対してのTOB価格は35,000円と上場時の最終価格の14,200円に比べれば約2.5倍となっている。これについては純資産からみて安すぎると見る向きもあるだろう。

ただ日経では1200億円で買収とあるが、実際にローンスターが資金を出すのは当面約120億円余りであり、再生計画の承認までに、投資主総会、債権者集会などもクリアーしていかなければならない。また再生債権等へ全額返済が完了するまで、投資主に対して金銭の分配もしないとの記載があるが、非上場とはいえ投資法人であることに変わりはなく、配当可能利益の90%以上を配当しないと、税法上の導管性要件を満たさないことになり、法人税の支払いをすることになる。まさか分配を停止して、法人税の支払いを優先するとは思えないので、既存の物件を全て評価替えして特別損失を計上し、複数年にわたって課税利益がないような形にするのではないだろうか。
0

(弥生壱拾五日 望) 京の都  プライベート

お世話になっている方に紹介していただいて、今日は京都へ。京都駅で待ち合わせして烏丸御池へ向かう。前の会社の京都支社のすぐそばで土地勘もあるのだが、支社もいろいろ人事異動があったようだが、私には関係ない。あ、あった。もともと私はこの支社に席があり、自分用のパソコンもあったのだが、いつの間にか撤去されていた。この会社のイヤだったことは本人に黙って何事も進めることだった。別に京都のデスクは重大なことではなかったし、一言言ってくれれば、それで済む話を身内で片付けると言うのがイマイチねえ。

さて昼前のアポだったので、挨拶などが終わると一緒にランチでもと言うことになる。京都は大通りを一歩入ると、結構昼食には良い店が多いが、ここ姉小路界隈も良い店があった。うな丼にぶっかけそば、1000円というので頼んだが、そばがつくと200円増しと小さな字が…(苦笑)。夜は酒房のようですが、店名は「くさび」、ほんと最後に楔でした。とほほ。

昼からもう一軒アポが入っていたのだが、先方の都合でキャンセル。また来月京都に来る機会があるので、その時にということで電話連絡終了。しかし、桜はまだ京都は満開ですが、既に初夏の陽気である。無職のおっさんは疲れきってうとうとしていたが、帰りの新快速の中は観光客、研修を終えた新入社員、そして就活の学生と人生いろいろだぁ。
0




AutoPage最新お知らせ