(弥生七日 上弦) 無職一日目  

上弦の月の別名をご存知ですか?正解は「弓張月」。う〜ん、この感覚はいいなあ。エイプリルフールではないが4月1日に退職したので、今日から無職である。朝夕と愚妻と一緒に娘を施設に預けて迎えに行く。昨日の事件をすっかり忘れた娘はすこぶる機嫌がいい。しかし、来週パパ東京というと、愚妻に本当かとしつこく言う。またそのまま行ってしまうのではないかと思ったようだ。こちらで仕事する場合は阪急を利用するので、阪急阪急と言って落ち着かせる。これだけ娘に愛されるのも?父親としては嬉しいものですな。なにせ髭は剃ったかと毎日チェックされるのですから、ははは。

昼間は高校野球の決勝。長崎と岩手という近年では稀な対戦。甲子園から遠いこともありスタンドは満員とはいかなかったが、予想通りの投手戦でスコアは1対0で清峰の勝利。冷静な今村と感情豊かな菊池という好対照な投手の投げあいは見ごたえがあった。本当にワンチャンスを生かした清峰の勝利となったが、これは3年前に21対0と横浜にコテンパンに叩きのめされた同校に神様がプレゼントをあげたと云うことかもしれない。公立私立の別はあるが、ともに地元の生徒で構成されており、問題になった野球留学も関係ないようだ。野球の盛んな九州でも長崎は他県に比べると見劣りがしていたが、サッカーの島原商、国見のように清峰が中心になって、野球もという県になるのかもしれない。やはりTVで活躍を見た小中学生は夢を持つでしょうからねえ。

さて夢と言えば私も夢をすてたわけではありません。弓張月の日ではないが、満身の力をこめて次に進むつもりです。
0




AutoPage最新お知らせ