(卯月弐日) 偏向番組  

日本の対台湾窓口「交流協会」が台湾人の対日意識に関する世論調査を行ったところ、約7割の人が日本に好感を抱いていることが分かった。戦前の日本による植民地統治や戦争の歴史が同様にあった中国、韓国と比べ、台湾の親日度がデータで裏付けられた形だ。同協会による台湾人の対日意識調査は初めてで、昨年11月から12月にかけて、約千人の男女を対象に実施した。「親しみを感じる」は69%に達し、「親しみを感じない」の12%を大きく引き離した。しかも「最も好きな国(地域)」を尋ねた質問では38%が日本と答え、米国(5%)、中国(2%)など他国を引き離し、自国の「台湾(31%)をも上回った。

今回、私が何よりも注目したのは、日本統治を知っていて日本語が理解できる高齢者よりも、若い世代が親日度が高いということだ。一般に台湾では、李登輝元総統に代表される、日本語教育を受けた70歳以上の高齢者世代の親日度が高いとされてきた。だが、「親しみを感じる」とした回答者は、20代が79%、30代が77%と、若い世代が最も親日的で、65歳以上は58%だった。

日本の外務省は、こうしたデータの分析にこそきちんと予算をかけるべきだ。中国や朝鮮との違いはなぜなのか。その研究にいくらかけても、それはあの反日中華圏の連中とつきあって行く上では、まことに有効なデータを集める経費ではないか。

台湾の若い人の親日度については、ひとつはやはり高齢者たちの教えがよかったのだと思う。同じ民族でも反日教育をしている連中とは違い、家庭内での伝承がいかにちゃんとした歴史観を作るか。逆に言えば、洗脳教育というものがいかに恐ろしいかがよくわかる。いまひとつは「ジャパンクール」である。私たちは台湾に打って出ていった芸能事務所やアニメ、映画関係者などに感謝しなくてはいけないだろう。「ジャパンクール」は今後、日本の大切な輸出資源となりうるし、もうなりはじめている。その時、台湾での成功をきちんと分析することが、次のステップにつながっていくのではないか。

しかしこうした数字をあざ笑う番組がNHKで放送されたのをご存知だろうか。NHK総合テレビが5日に放送した「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの"一等国"』」は日本の過酷な植民地統治として台湾を取り上げたのである。すなわち日清戦争後の日本による台湾統治について、一等国を目指して統治の成功を海外に誇示したが、日台間の格差と同化という矛盾を抱え、やがて皇民化運動で日本文化を強制した−などと放送したのである。インタビューを受けた当事者が、都合がいいところだけつままれて使われたと困惑していると週刊誌等で報じられている。日本に散々嫌なことをされた人々の孫たちの8割が、日本を愛してくれるのだろうか。次回は5月3日、タイトルは<天皇と憲法>である。
0




AutoPage最新お知らせ