(皐月壱日 朔) 前大統領の死  政治

盧武鉉韓国前大統領が昨日自殺?した。捜査当局や韓国メディアの報道などによると、盧氏は早朝、警護担当者1人と自宅近くの山に登り、斜面を転落した。頭部に大けがを負い、午前9時半に死亡が確認された、ということだ。しかし腑に落ちない点がある。

そもそも韓国では前大統領には警護官がきっちりとつく。その厳しさは日本の比ではない。何も彼を護るためではない。むしろ、国家機密の固まりのような前大統領に、北朝鮮の工作員が近づいたり身柄をとったりすることを恐れているのである。このあたり、まだ「戦争中」の韓国のインテリジェンスの厳しさは私たちの想像を超えている。だから警護官は「身体をもって護る」ことを徹底されているはずだ。と同時に「対象を傷つけない」ことも。であればそもそもそんな崖の近くに行かせることはないし、飛び下りようすれば自分が落ちてでも阻止する訓練を受けているはずである。韓国でいささかでもインテリジェンスに近い人間であれば、今回のこの墜落死による自殺ということをそのまま受け止めることはないのではないか。

そしてその死を受けて、検察は即座に捜査の中止を決めた。捜査すればやばい話が出てくるからだろう。それは何か。まずは北朝鮮へのカネの流れにほかならないだろう。カネの「入り」の捜査をしているうちに「出」の先が北朝鮮だとわかったのではないか。そもそも金正日は、カネをもらわないと絶対に人と会わないといわれている。金大中を尊敬している盧武鉉は平壌で金正日と握手をしたが、そのためのカネがどこから出たのか。金大中はあの朝鮮民族にとっては「歴史的」な握手のために5億ドルを払ったといわれる。彼のノーベル平和賞は賄賂の産物であるのは世界の常識だろう。金大中はその献金ルートに現代グループを使った。しかし、財閥と一線を画することが売りだった盧武鉉にはそれはできない。仕方がないのでコツコツと集めた賄賂で資金をまかなったのだろう。だから金正日に渡したカネは一桁少なかったに違いない(苦笑)。

しかし、あの会見がカネで買われたものであるということがバレるのは、南北を問わずに朝鮮民族にとっての最大の恥である。今回の「自殺」は突然のものではないのではないか。かなり周到に計画された「民族として面目を保つための作業」だったとしか思えない。いわば「詰め腹」を切らされることになった盧武鉉は粛々と自らの人生の幕引きを早くから始めていたように思われるのだ。
0




AutoPage最新お知らせ