(閏皐月壱日 朔)  フランチャイズチェーン  経済

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンが、消費期限が近づいた弁当などをフランチャイズチェーン(FC)加盟店が値引きして売る「見切り販売」を不当に制限したとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で同社に排除措置命令を出した。命令は見切り販売を可能にするガイドラインなどを整備するよう求めている。
     
この公正取引委員会の排除措置命令通りに契約が変わるのなら、フランチャイズチェーン業界にとって、大きなビジネスモデルの変換を強いるものとなる。理由は日本のフランチャイズ業界全般に共有されるロイヤルティ計算方法にある。

通常加盟店はフランチャイズ親会社に、加盟店が挙げた売上総利益の相当額(コンビニなら5〜6割)を支払うのだが、売上総利益額の計算方法が以下のようになっているからだ。

売上総利益=売上げ−{売上原価−(廃棄ロス+棚卸ロス+仕入値引高)}

例えば100円で販売されるおにぎりを10個、原価70円で仕入れて8個売れた場合のもうけは?(ロイヤルティは5割とする)売上げが800円だが仕入れで700円のコスト、ロイヤルティが190円かかる(8個分の粗利プラス2個の廃棄ロス)ので、店舗は90円の赤字となる。売れなかった2個分の原価が、コストとロイヤルティにダブルでかかるので店舗は赤字なのだ。

もし、排除命令どおりに値引きして、売れ残り2個を最終的に1個1円で売ると今度は加盟店は51円の儲けになる。売上げ(802円)-原価(700円)-ロイヤルティ(51円)一方で、フランチャイズ親会社のロイヤルティは当初190円だったものが51円になり140円近くも減ることになる。この廃棄ロスはセブンイレブンで店舗あたり530万円、11200の店舗全体で594億円になる。これが営業利益から減ることになる。

コンビニ業界にとっては死活問題というわけで、早速セブン側は15%の廃棄処理手当ともいうべき加盟店への補助を打ち出した。力のある加盟店ならともかく、零細加盟店はこの提示に乗るかもしれないが、この問題まだまだ続きそうである。
0

(皐月参拾日) ヘルプ ミー  プライベート

さすがに昨日は気が重かった。月曜日は会社の全体営業会議。そこで名指しの批判。それは当たり前で全く数字が出ていないのだから。

2ヶ月といっても5月の前半はほとんど休み。そんな弱音を吐くほど、今の自分には力が無くなったようだ。人を引き付ける力の無さに唖然とするばかり。執着力というか昔で云う根性がなくなったのだろうか。これでは家族を養うことも出来ない。あれだけ数ヶ月前に苦労したのに何て様だ。

自己嫌悪の塊である。またしてもウォーニングの悪夢が彷徨っている。

昨日の詩のように銭の花のつぼみは汗のにおいがするという。今日は汗だくだったが成果なし。う〜〜ん。
0

(皐月廿九日 夏至) 細うで繁盛記  社会

6月17日静岡熱川の旅館「大東館」が東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。この旅館はテレビドラマ「細うで繁盛記」のモデルになったこともあり、高い知名度を有し、1984年には年収入高約14億3400万円を上げていた。しかし、86年2月には旧館「山水」において火災事故を起こし、焼死者24名を出す惨事となり、別館「熱川ロイヤルホテル」も休業に入り、遺族への補償、類焼したホテルへの賠償などを余儀なくされた。そこで、イメージを払拭するために全面的に建て替えを行い、94年2月ホテル名を「ホテルセタスロイヤル」(最盛期:客室200室、収容人員500名)に変更して営業を再開していた。

 しかし、再開後は長期にわたる景気低迷の影響で、宿泊客数が減少し、建替資金として調達した借り入れ負担が重く、コスト削減により顧客サービスが低下するなどして、近年の年収入高は7億円内外に落ち込み赤字が続いていた。さらにセタスロイヤル開業時に立ち上げた会員制リゾートクラブの預託金償還期限も到来し、退会希望者への償還債務も負担になっていた。帝国データバンクによると負債総額は約45億円。
     
「加代、おみゃーに食わせるメシはにゃーずら」というセリフを覚えている人も多いだろう。冨士眞奈美の憎たらしいセリフだった。このドラマが始まったのが、1970年だから大阪万博の年である。小生は中学2年である。

このドラマの冒頭に原作者の花登筺の詩が朗読されていた。

銭の花の色は清らかに白い
だが、つぼみは血のにじんだように赤く
その香りは、汗の匂いがする 

続きは明日。    
0

(皐月廿八日) 金銭感覚  政治

自称・障害者団体を郵便割引制度の適用団体と認めた偽の証明書が厚生労働省で発行された事件で、大阪地検特捜部が厚労省の当時課長で前雇用均等・児童家庭局長の村木厚子容疑者の職場を家宅捜索した際、現金約400万円が見つかったことがわかったという。

厚労省によると、職員約10人が業務時間外に出版物の校閲をして得た報酬などのプール金で、「法的に問題ないが、多額の現金を職場で保管したのは不適切」として、関係職員を注意したとしていが、同省は捜索を受けるまで把握していなかった。

雇用均等・児童家庭局総務課の説明によると、現金は15日の家宅捜索の際、総務課職員の机の中に保管した状態で見つかった。有志の職員約10人でつくる研究会メンバーが業務時間外に、法令に関する民間の出版物を校閲した際の報酬として受け取ったものという。現金を保管していた代表者の職員は「長時間勤務で極めて多忙なため、現金を管理していたことを失念していた」と釈明しているらしい。

しかし、400万円ものお金を失念しますかね。役員の金銭感覚を疑うばかりだ。李下に冠を正さずという言葉を改めて噛み締めて欲しい。証券会社ではSEC検査のときに引き出しに切手が1枚あっただけで疑われることを知っていますか?
2

(皐月廿七日 有明月) 立ち飲み  プライベート

今の職場は少人数のため、みんなが集まってどうこう云うことはなく、三々五々で帰る時間も全く別。ということでたまに飲むひとはAさんだけ。私もAだからAAという格付けである。ははは。

昨年のリーマンショック以降、この方のお客さんもかなり損失を抱えており、従来のような営業が出来ないので結構愚痴が多いのだ。別に私はそれが苦痛ではないので、付き合っているのだが、やはり素面では少々辛いときもある。彼が神戸の北ということで帰りが遅くなるので、立ち飲みならば時間が限られるということで、いざ!淀屋橋。

ここは彼が元野村ということで、かって知ったる場所だが、私も20年以上前にはこの場所は通勤途中でよく知っている。店はおっさんの集まりでほぼ満席。肴がほとんど300円以下で、2000円もあればたらふく飲めるサラリーマンの味方の立ち飲み屋である。あれ、店の名前忘れちゃった。もうボケてますなあ。

隣は男3人で日本酒の徳利がボーリングのピンのように並んでおり、すでに13本目。すげえ。こちらも負けずにビールをぐいぐい。週末のビールはいいですなあ。これでは痩せへん。いかんいかん。
1

(皐月廿六日) 神奈川県民の皆様へ  社会

神奈川県平塚市の旧県立神田高校(現・平塚湘風高校)の受験生が、選考基準にない「茶髪」や「スカートの長さ」など外見や服装で不合格にされた問題で、神奈川県教育委員会は不合格とされた22人のうち4人について、慰謝料を含め計856万円を支払うとする和解案を合意した、と発表し、19日開会の県議会に和解案を提出するらしい。

この出来事が発覚したのは昨年の秋で、私もこの日記に書いた記憶がある。結論は「落して何が悪い」である。学校であれ会社であれ、入れてもらおうという相手のところに受けに行くのに、きちんとした格好をして行くというのは、最低限の常識でしょう。自分を選考するための礼儀として、せめて不快感を与えない服装で行くのは当たり前で、一般社会で通用している常識とはこういうものではないのか。

ところが、このとんでもない餓鬼達やその親に慰謝料を払うと言うのだから納得がいくわけがない。メディアによれば、神奈川県の顧問弁護士に相談したところ、「紛れもない不適正な合否判定で、精神的な苦痛を与えた」と判断したらしい。県教委は不合格とした受験生に謝罪を始めるとともに、今年3月から受験生側と賠償交渉を始めていた、というのだ。私が知事ならこんな腰抜け弁護士はすぐに解任である。そうは思わないかね、神奈川県知事。その上で、相手がタカってくるならば裁判で徹底的に闘えばいいのである。世の中の良識というものがどうなのか、意見を陳述すべきだったのではないか。

それで負けたなら知事を辞職して、選挙で民意を問う。静岡県知事の立ち木問題の辞職よりはるかに県民は納得するのではありませんか。世間知らずの裁判官の判決が正しいのか、神奈川県民の良識が優っているのかを示せばいい。県民の負託を受けて政治をしているなら、それぐらいの覚悟で社会としての正義をきちんと貫くべきである。慰謝料と言うが、これはあくまで公金であり、タカリと言わなくてなんなのか。

そもそも神田高校でも、まともな親御さんたちは、この件で更迭された校長の復権を願って署名活動を行うなど熱心に動いていた。元校長の渕野辰雄氏は、地域から馬鹿にされていたこの神田高校を見事に建て直したからだ。以前の同校は校内に飲食物が散乱し、喫煙やいじめ、盗難などが絶えなかったという。近隣の公民館やコンビニエンスストアなどには「神田高生の立ち入り禁止」の張り紙が出され、アルバイトを断わられたり、果てはバスに乗せてもらえなかったこともあったというスクールウォーズ状態だったのである。入学した140名のうち、80から90名が中退する高校って、想像できますか?

そんな学校からごみが消え、生徒たちは挨拶をするようになり、地元の警察は「指導件数が減った」と舌を巻き、大学や専門学校に進む生徒が増え、さらにクラブ活動も活発になり、チームが組めないほどだった野球部は、平成18年には公式戦で10年ぶりの勝利を飾ったほどだ。この野球部の奇跡については『ザ・ノンフィクション』で取り上げられ、それを見た阪神の藤川球児が自らのブログで感動を綴ったという逸話もあった。

ところが世間が忘れた今年の春になって、県教委は渕野前校長=現県立総合教育センター専任主幹=を停職3カ月とするなど、当時の入試にかかわった計5人を懲戒処分としたのである。教育者として義を貫き、ダメ高校を建て直し、なおかつ腐ったリンゴを阻止しようとした渕野氏が処分され、とんでもない格好で学校に押し入ろうとして断られた餓鬼どもの親はカネを寄越せといい、神奈川県は自らそれに屈しようとしているわけである。こんなことが許されるのだろうか。神奈川県民の皆さん、明日の県議会にはこんな議案が提案されるのですよ!盗人に追い銭ではありませんか。
3

(皐月廿五日) 二代目社長  経済

鳥取県米子市の寿製菓が当時の店頭市場(現JASDAQ市場)に上場したのは、1994年だったと記憶している。コードが2222という非常に覚えやすい番号で、各地の名産品のOEMをしている菓子会社で、名産品といっても結構この会社が供給していると知って、いささかショックだったことも覚えている。

15年ぶりにその会社の説明会が大証のビルであったので、見に行ったのである。いやあ、びっくりしました。創業者から息子に代が替わっていたのですが、この二代目なかなかのやり手です。「ドゥーブルフロマージュ」北海道小樽にあるルタオの看板のチーズケーキなのですが、島田伸助の番組で取り上げられてあっという間に全国区。しかも北海道だけでしか販売してないので、その希少価値があがり、今では通販でもかなり売上を伸ばしているようである。このルタオ、そう逆から読めばオタル、単純ですなあ。

地方の菓子メーカーでもうどうしようもないという状態の会社を引き受けて、立て直すと言う結構豪腕ですが、これが成功して、年商170億円の会社にしたのです。やはり、引き取られた会社というのは従業員が後ろ向きが多く、結構苦労したようですが、社員の意識革命に社長が熱意を持って当たったのでしょう、最近の売上の伸びはたいしたものです。

地方の菓子メーカーと侮っていましたが、人材で会社は変わるものですなあ 。これから注目の会社です。
1




AutoPage最新お知らせ