(皐月壱拾七日 立待月) 中国の軍事力  政治

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所が8日発表した2009年版年鑑で、中国の2008年の軍事費がイギリス、フランスを抜いて、世界2位になったことが判明した。一位は当然アメリカで6073億ドルで、二位中国は849億ドルである。冷戦時代の片方の旗手であった旧ソ連を引き継ぐロシアは、586億ドルで5位である。

北朝鮮のミサイルとか核実験とか、マスコミは大騒ぎするが、この中国の最近の軍事力の膨張のスピードは周辺国には脅威以外の何者でもない。それがゆえに政権が変わって、親中国政権となっていたオーストラリアも最近では神経を尖らせており、自国の資源会社への中国の出資に待ったをかけているほどである。

南シナ海のリゾートとして名高い海南島は、その海底は潜水艦基地となっており、また周辺はミサイルを中心とした軍事基地化となっている事実はよく知られている。北朝鮮とは桁違いの核搭載のミサイルが東に向いているのである。これは当然日本列島をすっぽりおおっているのである。

アメリカのペンタゴンは中国軍軍事力白書を作成しているが、対ロシアでは作成しておらず、中国だけ取り上げているのである。それだけ、アメリカにとってもアジアにおける中国の軍事力を警戒しているわけだ。

しかし、アメリカは中国に米国債を購入してもらっているという弱みを持っている。言うことの聞く日本であれば、無理強いもするだろうが、中国相手にそのような強硬手段も取れない。財務長官の北京詣で終わるやいなや、IMFが発行するSDR建の債券を大量購入しようとしている。

このアジアの軍事大国を自由にさせないためにも、ロシア、インド、ベトナム、そして韓国といった周辺国との連携を日本が図らなければならないのではないか。
1




AutoPage最新お知らせ