(閏皐月四日) 再会  ぐるめ

以前の職場の人たちと一献。異常に早い開始時間に少々驚いたが、理由を聞いて納得。会社のトップというものは常に自分たちの保全しか考えていない典型的なパターンである。

それはともかく、「銀平」という店は魚を売り物にして大阪の繁華街でも注目されているが、欠点は器がでかすぎること。二人とかぐらいであればいいのでしょうが、テーブルに隙間もなく器が並ぶのはいかがなものでしょうか。

それと夏ですからわざわざ七輪で焼魚を客に作らせるアイデアもどうですかな。これも少人数であればいいのでしょうが、7人ともなれば裏で焼いてくるほうがきれいでしょうに。

料理のほうはともかく(最後の鯛めしは良かったが、味噌汁があれでは…)久しぶりに本音の会話が飛び交い、毎日くらい思いで過ごしている私には一服の清涼剤といったところでしょう。久々に楽しい時間を過ごせた皆様に感謝感謝。
2




AutoPage最新お知らせ