(閏皐月廿五日) 昔よりある業界に、今あらわれたベンチャー企業  経済

お題目の標語を掲げているのが、ジャスダックに上場している「家族亭」である。戦後生まれのうどん屋さんは、現在二代目社長が引退し、回転寿司のカッパ・クリエイト傘下となり、現在は投資組合が筆頭株主になっている。今日は京橋でこの会社の個人投資家のための会社説明会があったので出席した。

乾社長の経歴は変わっている。東大を卒業して日産に入社。それからアメリカに留学してMBAを取得。日本に帰ってから外資系コンサル会社で経営企画をすすめ、実践で駿河精機で光通信分野を建て直しするが、経営陣と衝突、失意のうちに退社し、プータロー状態。(でもここまでで、人生に必要な資産は稼いだのではないかと私は思いますけどね、でないとコスタリカ人の奥さんのふるさとでストリートチルドレンの救護施設など作らないでしょう)たまたまカッパクリエイトから招聘されて、カッパの役員となり、傘下の家族亭に社長として乗り込んできたわけである。(しかし、日産に入社したときにうどんやの社長になるとは想像しなかったでしょうが)

家族亭と言えば思い出すのが阪神大震災のときである。たまたま外資系にいた私は会社の斡旋で梅田のホテルを確保でき、訂正な範囲なら宿泊料金として計上しても良かったので、食事もしていたが、回りの困窮さを考えれば、豪勢な食事など出来るはずもなかった。そこで、お世話になったのが地下にあった「家族亭」だった。当時9歳の娘も「おうどん、おうどん」(現在も大好きですが)毎日通ったぐらいだった。その細めんが気に入った私も、ちょこちょこ利用させてもらっている。

厳しい社長の下で社員は大変だろうが、自分達の会社にしたいという思いは伝わってきた。最近は海外にも進出しているようだが、これから先チェックしていきます。

0




AutoPage最新お知らせ