(水無月四日) 休日の会社  プライベート

朝から会社での整理をするために出掛ける。3ヶ月しか経っておらず、存在感もない。たしかに不本意だし、云いたいこともあるが、それで解決するわけでもない。すべて自分の責任である。不要不急の資料の整理をおこない、シュレッダーにかけていく。こなごなになりそうな心だが、なんとか生きなければ家族が・・・

しかし、現実は厳しい。過去の転々とした職歴が昔からの投資家の信頼を失っていることはこの数ヶ月で身に染みている。私を信じてくれる人を探すことが生きる道でもある。

衰退する金融業界からのリタイアも考えざるを得ないかもしれないが、しばらくは学生の次男もいるし、何はともあれ今までついてくれた愚妻と障害者の娘がいる。何もわからない娘のほうが幸せと言うのは、今の自分が情けないだけの話だろう。気持ちを鼓舞しなければ、この難局は解決しないのだ。
0




AutoPage最新お知らせ