(文月壱拾弐日) アサドク  社会

「麻毒」ではなく「朝読」の話である。

全国学力テストの結果を巡り、小中学校で大きく明暗が分かれた大阪府では自ら「教育改革」を主導してきた橋下知事が、小学生の成績向上に「短期間でよく結果を出してくれた」と一定の評価を示した。一方で、順位が下がった中学生の成績について「誰の責任なのか原因追及する」と厳しい口調で宣言し、「保護者の皆さんは怒ってほしい」と呼びかけ、「小学生では成果が表れた」と前向きに受け止める府教委をよそに、「改革」を加速させる勢いのようだ。
     
全国学力テストの上位は、秋田、福井、青森、広島、石川県の順となっている。親の所得が高いほど、子供の学力も高く、相関しているという話をする人もいるが、上位の結果を見れば相関関係は低いはずである。ならば、他に学力と連動するものはないかと調べると、「朝の読書(アサドク)」運動をしている小中高の普及率ランキングと連動性が高いことが分かる。

アサドクとは、学校で毎朝授業開始前に10分間皆でめいめいが好きな本を10分間読む運動のことだ。多くの学校では遅刻が多く、授業に集中できない子供が多く、学級崩壊状態にある。これがアサドクを続けるうちに変わっていくのである。

大阪府は算数の100マスプリントをさせるという対処療法で小学校の成績を持ち上げることが出来たが、アサドク普及率は全国最下位である。よって、基本的な勉強の取り組みの習慣が出来ていないので、中学になると基礎学力の無さが出てしまうのである。

文部科学省は、アサドク用の本を増やそうと2007年から新学校図書館図書整備5カ年計画を始め、毎年200億円を予算化している。具体的には地方交付税として地方自治体に渡しているのだが、受け取った地方自治体によっては、そのお金を図書館の本の購入に向けずに、他に使い込む例も少なくない。

誰の責任なのか原因追及すると犯人を捜してみれば、予算を他に流費した自分かもしれないという事実に知事は気付くのだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ