(長月廿参日 下弦) 無気力  社会

ベルリンの壁崩壊から20年という歴史的な日なのに、新聞は休刊日。この談合主義がなくならない限り日本のメディアに期待しても無理なようだ。その休刊日だったので気づくのが遅れたのだが、広島県知事に新人の湯崎英彦氏が当選したようだ。父親が広島大学教授、1985年に広大付属卒、東大を出て旧通産省入省、1995年にスタンフォードでMBA取得(鳩山さんの後輩ですか?)2000年のITバブル当時に、アッカ・ネットワークスを設立、2005年にJASDAQ上場と絵に描いたようなサクセスストーリーで、ついに県知事という一国一城の主になったのである。

経歴から見て優秀な方のようで、この転身をどうこういうつもりも無い。しかし、問題は長年の藤田知事時代から新人5人の争いになった選挙なのに、投票率はわずか33.71%である。女性県議2人も参戦していたようだが、どうにも盛り上がらない選挙だったようだ。期待する候補者がいないといても投票をしないという選択はいかがなものですか。昨年まで4年間広島県民であっただけに非常に残念です。

でも同時に行われた県議の補選ではもっと悲惨な状況だったようだ。知事選出馬で欠員となった広島市南区では有権者110826人で投票者は36196人、投票率32.7%で33歳の新人が18,718票で当選しているのはまだましで、同じ西区では有権者が147534人もいるのに37歳の民主党候補者が無投票当選しているのである。何じゃこれ?なんでもかんでも民主党じゃないでしょう。おいおい、自民党は何をしとんじゃわれ。でも三原市世羅郡選挙区では前回選挙で次点に泣いた自民党候補者が無投票当選しているので、民主自民ともお互い様かぁ。

それにしても地方経済の疲弊が心配されているが、そこに住んでいる人たちが元気を出さなくてはあかんでしょうが。広島県民頑張らんかい!
4




AutoPage最新お知らせ